【ANASTORE 旅テクファイル!vol.1】新米パパママ必見!子連れ飛行機旅のテクニック|ANA STORE

ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > 【ANA STORE 旅テクファイル!vol.1】新米パパママ必見!子連れ飛行機旅のテクニック

【ANA STORE 旅テクファイル!vol.1】

【ANA STORE 旅テクファイル!vol.1】
新米パパママ必見!子連れ飛行機旅のテクニック

2015/8/31 UPDATE

小さな子どもを連れての飛行機はいろいろと不安がつきもの。そこで子連れファミリーが空の旅を快適に過ごすコツをご紹介します。



事前準備で旅の思い出が変わる!?
~準備編~

  • 事前準備で旅の思い出が変わる!?|【旅テクファイル!vol.1】

子連れのフライトで一番のカギとなるのが席の確保です。ベビーベッドを使いたい場合、設置できる席は限られているので予約は早めに。 通路側や非常扉の横の席は、おむつ替えなどのときに席を立ちやすかったり、泣いたときにちょっと立ってあやしたりしやすいので便利です。 また、子どもが外の景色を楽しめる窓側の席も人気です。いずれにしても、自分が過ごしやすい席をキープしておくことが大事。



【ワンポイントアドバイス】


■ベビーベッドをかりるには・・・?
ANA機内では10キロ以下の赤ちゃんが利用できるベビーベッドをご用意しています。予約時に確認してみましょう!
→詳細はコチラ



また、荷造りにもひと工夫を!機内に持ち込む手荷物は、座席上の荷物収納棚に入れるものと、哺乳ビンや、お菓子、おもちゃ、ウェットティッシュなど手元に置いて使うバッグとあらかじめ分けておくと、搭乗してすぐに着席できるのでラクです。旅行以外でも愛用できるお気に入りのバッグを見つけておくといいかもしれませんね。

空の旅は電車や車の旅と違い、必要なものがあった場合すぐにお店に駆け込むことが難しいので、あらかじめ「こうなったら、コレを使おう。」「すぐに使えるように、コレはすぐに出せるようにしよう」など前もって様々な状況を想定して準備をすることがポイントです!




▼機内持ち込みにオススメなママ用バッグはコレ!


  • <ANA TRAVEL LINE>バックパック|【旅テクファイル!vol.1】

    <ANA TRAVEL LINE>バックパック
    軽く大容量のバックパックだから子どもとのお出かけでも両手が使えて便利。しかも色もシンプルなブラック、ネイビー、グレーの3色展開だから“パパとママどちらが持ってもサマになる”のが嬉しいポイントです。クッション材入りの内ポケット付きだから、子どもをあやすためのタブレットなども安心して持ち歩けます!
    →詳細はコチラ

  • マザーズバッグ・フォーマ|【旅テクファイル!vol.1】

    <SKIP HOP>マザーズバッグ・フォーマ
    ママの「欲しい」を詰め込んだ軽さと収納力が自慢のマザーズバッグ
    →詳細はコチラ



早めのチェックインで
ゆっくり遊ばせよう ~空港編~

  • 早めのチェックインでゆっくり遊ばせよう|【旅テクファイル!vol.1】

当日は余裕をもって空港へ到着しましょう。搭乗前はなるべくお昼寝をさせず、空港内をあちこち動き回って機内でうまくお昼寝のタイミングに合わせられるとベスト。 空港には展望デッキやキッズスペースなど子連れファミリーにおすすめのスポットも多いので、チェックインを済ませたらゆっくりと遊ばせてあげましょう。 ただし、いつもと全く違うお昼寝タイミングを狙うのは逆効果になり、機内で疲れすぎてぐずってしまう可能性も。基本的にはいつもの睡眠サイクルを崩さず機内でちょうど寝るタイミングが来るような便を予約するのがコツです。

また、ベビーカーは機内への持ち込みができないので、チェックイン時に預けます。搭乗口まで利用できるベビーカーの貸し出し(※)があるので、そちらを利用すると便利。 乳幼児連れの乗客は優先的に搭乗できる事前改札サービスもあるので、搭乗口へは早めに行き、まだ空いているうちに機内に入れば荷物の整理なども落ち着いてできます。 離陸後はしばらく席を立てないので、トイレやおむつ替えも搭乗直前に済ませておけば安心です。



【ワンポイントアドバイス】


■機内でお昼寝できるように工夫しよう!
機内で気持ちよく寝られるように、搭乗前に楽しく過ごしたり、睡眠サイクルにあった便を利用してあげましょう。

■空港内ではベビーカーを借りよう!
チェックイン時にベビーカーを預けてしまっても大丈夫。搭乗口まで利用できる貸出し用ベビーカーがあるので、それを利用しましょう!
(※ANAのベビーカーの貸し出し台数には制限があります。また一部ご用意のない空港がございます。詳細はコチラ

■優先搭乗を活用しよう!
赤ちゃん連れのお客様には事前改札サービスがあります。飛行機内の雰囲気に慣れさせるために、早めに機内に入るのもオススメです。
(※ANAも事前改札サービスがあります。詳細はコチラ



周りへの気配りと
スペシャルおもちゃで飽きさせない!
~機内編~

  • 周りへの気配りとスペシャルおもちゃで飽きさせない!|【旅テクファイル!vol.1】

旅マスターなパパママの中には、無事機内に乗り込んだあと、席について一段落したら、近くの乗客に「子どもが小さいのでご迷惑をおかけするかもしれません」と一言あいさつをする方もいるんだとか。ちょっとした気配りとコミュニケーションで機内での時間も快適になる方法かもしれません。

離陸時は気圧の変化により耳がキーンとなり不快を覚えご機嫌ななめになる子も。子どもはうまく「耳抜き」が出来ないので、パパやママがうまく回避してあげましょう。 ミルクやお茶、飴などを与えると良いといわれていますが、まだ食べたり飲んだりが難しい赤ちゃんの場合は、おしゃぶりなどでよだれを飲み込ませてあげるだけでも唾を飲みこんで耳抜き出来るとも言われています。 子どもの月齢や好きなことなどに合わせて色々な方法を試してみてください。

また、機内には子連れ旅をサポートするサービスも充実していますので事前に調べてうまく活用しましょう。トイレにはおむつ交換台がついていて紙おむつの用意があったり、赤ちゃんのミルク作りや哺乳ビンの洗浄もお願いできます。 なので、万が一準備が不足しても焦らずに。一度客室乗務員に相談してみましょう。

2~3歳くらいの小さな子どもの場合は、ポータブルDVDプレーヤーやタブレット端末などにお気に入りのビデオを入れておき、機内で見せるのも退屈しのぎに有効です(※電波を発しない状態・機内モードへの設定は必要です。)ミニカーなど特定の好きなおもちゃがあれば、新しいものを買っておき、機内で初めて与えるなども。4~6歳くらいなら、本、お絵かき道具、ブロックなど音が出ずどこででも使えるものが便利ですね。


▼機内で活躍するオススメアイテムはコレ!


  • <ANA×mic-o-mic>スモールジェットプレーン|【旅テクファイル!vol.1】

    <ANA×mic-o-mic>スモールジェットプレーン
    音が出ないおもちゃを持っていると、どこでも使えて便利ですね。こちらのANAの飛行機をモチーフにした組立て玩具はプラモデルのように組み立てを楽しむ知育玩具なので長い時間遊べるかも!?
    →詳細はコチラ

  • <ジャンネット>ストール|【旅テクファイル!vol.1】

    <ジャンネット>ストール
    ストールを持参すれば、赤ちゃんのタオルケット代わりに、おむつ交換時に台の上に敷いたり、便利です。
    →詳細はコチラ



【ワンポイントアドバイス】


■機内サービスを活用しよう
ANAでは、機内で快適に過ごしていただけるように客室乗務員がお手伝いをしてくれます。わからないことがあったり、困ったことがあったらまず相談してみましょう。
【例えば・・・】
・ミルクを作るとき
哺乳瓶の洗浄や、ミルク用のお湯などもご用意があるので必要な時は聞いてみましょう。
・おむつがなくなってしまったとき
機内には紙おむつのご用意もあります。
・お子様がご機嫌ななめのとき
おもちゃや絵本のご用意もあります。意外と初めてみるおもちゃなどで気分転換できる場合もあります。
→詳細はコチラ
※印刷して持ち歩けるPDF版詳細資料はコチラ



いかがでしたでしょうか?
子連れの旅は何かと大変ですが、準備から楽しむ気持ちで、よい旅を!



  • HAVE A GOOR TRIP!|【旅テクファイル!vol.1】


※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もある旨、予めご了承ください。

「ANA STORE 旅テクファイル!」記事一覧

オススメショップ

マイレージモール経由でお買いものをすれば「マイル」も溜まってHAPPY♪
▼授乳中ママにはおしゃれな授乳服を!


エンジェリーベ|【旅テクファイル!vol.1】


▼事前に旅で必要なベビー&キッズアイテムを揃えておこう!


たまひよ|【旅テクファイル!vol.1】 赤すぐnet|【旅テクファイル!vol.1】 MIKI HOUSE|【旅テクファイル!vol.1】

合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE