ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > 出張や旅の「あったらイイな」は、100円ショップでも手に入る「アレ」を使って解決!

ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

【ANA STORE 旅テクファイル!vol.14】
出張や旅の「あったらイイな」は、100円ショップでも手に入る「アレ」を使って解決!

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2016/3/28 UPDATE

普段の生活と少し違う環境になる「出張」。なければないで何とかなるけど、あったらイイな、というものありませんか?それ、100円ショップなどでも手に入るあのアイテムで解決できるかもしれません。今回は身近にあるあのアイテムの意外な活用方法-出張編-を4つご紹介していきます。



財布は!?カードは!?鍵は!?探す手間を省いてよりスマートに。
「ダブルクリップ」活用術

  • 「ダブルクリップ」活用術|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

まずはこちら、今話題のダブルクリップです。サイズやカラーバリエーションも豊富で、多用途なアイデアグッズとしてすっかりおなじみですよね。

この使い方は……挟む!(笑) 実にシンプルです。

もちろんこのシンプルさがポイントではありません。では何に使うのかというと、出張時、毎回帰国するとその国のお金が多少は残りませんか?またすぐ行くから持っておこうとすると、その間の保管が地味に面倒ですね。財布に入れっぱなしだと、すぐパンパンに…。
太った財布は何だか金運もイマイチ落ちそうです(笑)。

ですが、お金を二つ折りなどにして国ごとに色違いのカラークリップでずらしてとめておけば小さくまとめられ、次の出張のときに行き先の国の紙幣をさっとそのまま持っていくことができて便利です。(因みに、筆者はコイン系は小さなジッパー付の袋に入れて一緒に挟んでいます)


  • 挟む!|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

渡航先では、つまむ部分を一旦はずし、そこに鍵を通します。すると、“マネークリップ&キーホルダー”として利用できるのです。

カードも挟めば、現金・カード・鍵をまとめて持ち運ぶことができるので、荷物を極力減らしたい方や、ものが散乱して見当たらなくなってしまう方にもオススメの方法。


  • マネークリップ&キーホルダー|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

でも、ついうっかりこのダブルクリップごと落とすと、大切なものを一気に3つ無くすのでご注意を!



他にも、番外編として……筆者が個人的に「これは使える!」と思ったダブルクリップの使い方もこっそりご紹介しましょう。


  • マネークリップ&キーホルダー|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

    旅行用の髭剃りの刃を挟んで収納。

  • マネークリップ&キーホルダー|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

    ホテルの部屋でティーバッグの紅茶を入れる時の重りとして。手で持つところが全部お湯の中にポシャ!っていうアクシデントだって防げます。


何かと便利なダブルクリップ。出張時の書類整理に使うためでもいいですし、色々な使い道があるので2~3個サイズ違いでバッグにしのばせておくといいですよ!




ホテルでのんびり映画鑑賞!そんな時のあったらイイな。
「針金ハンガー」活用術

  • 「針金ハンガー」活用術|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

続いてオススメしたいのが針金ハンガー。クリーニングから仕上がった服にもついてくる、溜まりがちなアレです。100円ショップなどでも10本組で売られていたりしますよね。もちろん、ハンガーとして使っても良いですが、手で自在に形を変えることもでき、元に戻すこともできるので、旅先では他の用途でも使える便利アイテムなのです。

最近、ビジネスでも旅でもタブレットを持参する方結構多いと思いますが、これを手に持って長時間映画を観たりすると、意外と手が疲れてしまった…という経験がある方もいるのではないでしょうか。

そんな時、自在に形を変えられる針金ハンガー1本で簡単に作れる“タブレットスタンド”を是非試してみてください。



【ハンガーdeタブレットスタンドの作り方】


  • ハンガー de タブレットスタンドの作り方01|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

    1)通常横向きになっている、ハンガーのフック部分を正面に向けます。

  • ハンガー de タブレットスタンドの作り方02|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

    2)ハンガーの両肩の部分を長さの半分まで握りながら細くしていき、半分あたりを直角に折り曲げます。(写真の「この辺」参照)


  • ハンガー de タブレットスタンドの作り方03|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

    3)そうするとこのような形に。

  • ハンガー de タブレットスタンドの作り方04|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

    4)スタンドっぽくなるように、両側に開き、正面に向けた引っ掛け部分を上に向くように寝かせれば完成!



これが完成した“タブレットスタンド”です!形や角度はサイズやお好みの向きなどによって、調整してくださいね!


  • 完成した“タブレットスタンド”|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

慣れない出張先での仕事はいつも以上に疲れてしまうもの。そんなとき、ホテルにいる時間くらいはのんびりと自分の時間を取り戻せるよう、好きな映画などを観ながらリラックスして過ごせるといいですね。




一人でも大丈夫! 出張先での“自撮り”はこれで解決。
「洗濯バサミ」活用術

  • 「洗濯バサミ」活用術|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

出張中、余った時間でいざ観光へ?帰って写真をSNSにUPしようとしたら……あれ、全部風景写真…。みなさんもこんな経験ありませんか?

最近ではコンパクトなスマホ用の三脚や自撮り棒も売られていますが、出張に持っていくほどでもないし、ひとりで自撮り棒持って撮っているのはちょっと恥ずかしいって方もいますよね。

そんなときは、大きめの洗濯バサミを一つだけ持っていけば解決です! ホテルでの洗濯時にも使えますし、わざわざ自撮りの為だけに…感は払拭されると思います。

使い方は……こちらも挟むのみ!そう、パカっとこんな感じでスマホを挟むのです。


  • パカっとこんな感じでスマホを挟む|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

形は挟み口に丸みがあり、大きく開くものを選ぶといいと思います。

これでスマホを縦でも横でも置けますし、シャッターをタイマーで設定すれば、思い出用に自撮りも出来るので、SNSへの投稿でも“食べ物”や“風景”ばかりにならず楽しさや充実感を表現出来るかもしれませんね。

出張以外でも、デートや家族旅行、友達との旅で見知らぬ人にシャッターを頼む必要もなくなり、誰か一人が写れない…なんて時にも使える技です。




なぜ今!?の対策は、これで安心。
「ガムテープ」活用術

  • 「ガムテープ」活用術|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14

旅や出張時に限って起こりうる、ありがちアクシデント「服のほつれ」。そんなときに役立つアイテムがガムテープです。応急処置とはいえ、しっかり貼り付くのであっという間に完了です。

選びたいのは布製ガムテープ。手で切ることができ、使うサイズによって楽に幅を細くすることもできるので、目立たせたくない衣類の補修など、出張中の様々なシーンで助けられること間違いなしです。


  • 目立たせたくない衣類の補修01|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14
  • 目立たせたくない衣類の補修02|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14


他にもモノが“壊れた”や“剥がれた”や、洋服のちょっとしたほこり取り、お土産の梱包など、なにかと使えますよ。(黒アイテムが多いビジネスパーソンには、黒いガムテープを持っておくと補修などには目立たなくてオススメです。)


  • モノが“壊れた”や“剥がれた”|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14
  • 洋服のちょっとしたほこり取り|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14


かさ張らないように、ストローなど、軽くて細いものに巻きつけて持っていくのが出張&旅上手と言えるでしょう。


  • 軽くて細いものに巻きつけて|ANA STORE 旅テクファイル!vol.14


いかがでしたか?色々なところへ出張する人が旅にもっていくアイテムの行きつく先は、

1)毎回買い足さなくてもよい
2)1つで2役以上の使い道 
3)帰りの荷物を減らしたければ、そのまま捨てて帰れる

というのが定番になっているようです。

そんなわけで、いつも家にあり、なくしても惜しくなく、壊れたら捨てられる100円ショップなどでも揃う、この4アイテムはかなり使えます。ぜひ、次回の出張で活用してみてくださいね!


※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もある旨、予めご了承ください。

「ANA STORE 旅テクファイル!」記事一覧

オススメショップ

▼出張時の「あったらイイな」アイテムが揃うショップ




合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE