ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > 旅しているあの人に聞いてみた。俺の・私の「出張アイテム三種の神器」 vol.5

俺の・私の出張アイテム三種の神器 vol.5

旅しているあの人に聞いてみた。俺の・私の「出張アイテム三種の神器」 vol.5

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2016/5/9 UPDATE

海外・国内問わず、出張で一番困るのがいつもの快適な「俺・私的ベスト環境」が揃わないということ。「会社だったらアレがあるのに!」とか「家に置いてきたアレがあれば!!」と歯がゆい思いをした人も多いのでは?
で、帰ってくる頃には何が必要だったのか忘れて、また次の出張で同じことをくり返してしまう・・・なんてことも出張あるある。 そこで、ANA STOREではしょっちゅう出張をしている移動の達人を直撃!「俺・私が出張に持っていくならコレ!」というアイテムを厳選して「出張アイテム三種の神器」として教えてもらいました!

第5回目の達人は、沖縄を拠点に旅しながら世界を周る、またよしれい さん。モノを極力持たない、シンプルなデュアルライフを送るまたよしさんの「三種の神器」をご覧ください。
>>過去の記事はコチラ



今回の“達人”はこんな人

= 海外旅ブロガー =
またよしれい さん

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。 著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。


ブログ:Last Day.jp
http://www.lastday.jp/

ブログ:ビジネスクラス搭乗記
http://xn--pckrdb1h8a0lx42voc1bqi1e.com/

ツイッター:@Sayobs
http://twitter.com/Sayobs

Facebook:Ray Matayoshi
https://www.facebook.com/ray.matayoshi



はじめまして、沖縄を拠点に海外を旅しながら仕事をしているブロガーのまたよし れいです。

飛行機には1年間に50回以上搭乗します。
いつも驚かれるのですが、海外に行く際荷物を極力少なくしたいので、カバン1つしか持っていきません。必要最低限のものだけを吟味して持ち歩き、足りなければ現地調達しています。

海外出張時にオススメしたいアイテムは沢山あるのですが、今回はその中から厳選した3つのアイテムを紹介させていただます。




“俺の”出張アイテム三種の神器

01.ノイズキャンセリング機能付きイヤホン


まず最初に紹介させて頂きたいのが、Boseから発売されているノイズキャンセリング・イヤホン「Bose QuietComfort 20i」。
 
飛行機の中でリラックスしたい、周りの雑音をシャットアウトしたい。そんな時に活躍するのがこれです。ノイズキャンセリング機能をオンにすると「スッ」と周りが静寂に包まれるのがわかります。このしくみは、イヤホンの2つの内蔵マイクが周りの騒音をスキャンし、その騒音とは逆位相(逆向き)の音波を再生、騒音を相殺します。雑音を抑えてくれるので、海外出張に手放せません。


  • ノイズキャンセリング機能付きイヤホン|俺の・私の出張アイテム三種の神器 vol.5

初めてスイッチを入れた時には「こんなにも音が遮断されるんだ!」と感動して、何度もスイッチをオン・オフしてノイズキャンセリングの具合を確認したほどです(笑)

時間が経過すると、静寂に慣れてきて又スイッチをオフにしてみると、世の中はこんなにも騒がしいのかと驚かされます。


出典:Last Day.jp


機内だけでなく、仕事で作業に集中したい時にも愛用しています。騒音、雑音は消えますが、人の声は聞こえますので、緊急アナウンスなどを聞き漏らす事はありません。
 
今までに、いくつも他のメーカーから発売されているノイズキャンセリング・イヤホン、ヘッドホンを試してきましたが、Boseの右に出るプロダクトは無いように思います。

バッテリーは約16時間持つので、長時間のフライトでも安心なのと、耳の形にフィットする独自開発のシリコンが使用されていて、耳の中に押し込まなくてもホールドしてくれるので、長時間付けていても耳が痛くならないことも手放せない理由です。



▼マイルが使える・貯められる!ノイズキャンセリングイヤホン・ヘッドホン

<マイルを貯めるなら…ANAマイレージモール>


<マイルを使うなら…ANAショピングA-style>




02.ポケットに入る薄めの財布


2つ目に紹介するアイテムは、厚さ約13mmの「薄い財布 abrAsus(アブラサス)」です。abrAsusはラテン語で「削り取る」という意味で、不要な機能は徹底的に削ぎ落とされています。

カード類は5枚のみ、硬貨は999円分しか入りませんが、容量に制限があることで、余計なモノを持ち運ぶことがなくなりました。パンツのポケットもかさばる事なくとても快適です。


  • ポケットに入る薄めの財布|俺の・私の出張アイテム三種の神器 vol.5


僕の場合は小銭は帰ったら貯金箱に全て入れて、小銭入れの部分はほとんど空っぽの事が多いです。貯金箱がいっぱいになったら銀行に行って両替してもらいます。


出典:Last Day.jp


私は色々な国に行くので、国ごとの通貨と交通カードをジップロックに小分けにしてカバンにいれてあります。例えば、香港に行く時は、ジップロックから香港ドルとオクトパスカード(香港版のSuicaのようなもの)を、薄い財布に移して利用しています。 実は、この薄い財布を2つ持っていて、海外用と日本用で使い分けて使っています。

「薄い財布」は、オーダーメイドの牛革を、ニッポンの職人さんが全ての工程を一つ一つ丁寧に行なっているので、耐久性も抜群です。「薄い財布」シリーズはかれこれ4年以上愛用しています。






03.折りたためるサングラス


3つ目に紹介するのは折りたためるRay-Banのサングラスです。沖縄を拠点に、海外でも南国に行くことが多いので、サングラスは必須アイテムです。どこの国へ行くにもスーツケースを持たず、カバン1つで移動するので、サングラスもとても吟味して選びました。


  • 折りたためるサングラス|俺の・私の出張アイテム三種の神器 vol.5

このRay-Ban WAYFARER FOLDING最大の特徴は、折りたたんで専用ケースに収納できることです。サングラスの真ん中から折り曲げることができ、通常のサングラスの半分のサイズで持ち歩くことができます。
 
機能的なプロダクトは、デザイン性が乏しい事が多いのですが、このサングラスはデザインも気に入っています。革の専用ケースは、中がフェルト生地になっていて、サングラスが傷まないようになっています。閉じ部が磁石になっているので、素早く取り出すことができます。ケースに入れてもとても小さいため、カバンのサイドポケットに収納しておき、飛行機から降りるときにすぐに取り出せます。


  • 折りたためるサングラス|俺の・私の出張アイテム三種の神器 vol.5





荷物を極力少なく旅を続けている私に、必要不可欠なアイテム3つを紹介させて頂きました。
今回紹介したアイテムの中から、次の旅に役立ちそうなものは見つかりましたでしょうか?

  私はこれから1年かけて、今回紹介したアイテムと一緒にヨーロッパ、中東、北米、南米、そしてアフリカ大陸と世界一周をしてきます。世界のどこかで皆様とお会いできたら幸いです。




※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もございます。
※当記事は個人の見解によるものです。当社が商品を推奨するものではありません。

オススメショップ

▼「ANAマイレージモール」で賢くマイルをGET!


合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE