ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > コレさえあれば、どこでも何泊でもOK!? 女子旅mustアイテム

【ANA STORE 旅テクファイル!vol.18】コレさえあれば、どこでも何泊でもOK!? 女子旅mustアイテム

【ANA STORE 旅テクファイル!vol.18】
コレさえあれば、どこでも何泊でもOK!?女子旅mustアイテム

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2016/6/13 UPDATE

旅行に行く時の荷物の悩みはつきません。滞在中、自然を散策したり、海に入ったり、素敵なホテルでディナーも…。そうなると、旅先でもTPOに合わせておしゃれをしたくなるのが女子のキモチ。

ですが、帰りにおみやげを買ったり、なぜだか増える荷物に備えて、持っていくものは軽いに越したことはありません。重たいスーツケースを引っ張って、スタートから疲れてしまうのはもったいないですね。そんな「女子旅」にこれだけはかかせないアイテムと、快適な旅を実現するちょっとしたテクニックをご紹介します。



スキンケアやアメニティは
「捨てられる」「1つで何役もこなす」モノがmust

  • スキンケアやアメニティは「捨てられる」「1つで何役もこなす」モノがmust

    ▲スペインで「パラドール」に置いてあったバスアメニティ。余ったものは持ち帰って次の旅のために使うのも手。特に高級ホテルだと一流ブランドの製品をそろえていることも/photo by シカマ アキ


毎日のお手入れに必須のスキンケア。普段から使っている化粧水や乳液などのスキンケア用品を旅行や出張に持参したいのはやまやまですが、そのまま持って行くとどうしても荷物がかさばってしまいます。

そんなとき、肌トラブルを起こしにくい方であれば、1回使いきりのサンプルを持っていくのがオススメ。DMのオマケでついてくるものや、化粧品を買ったときにもらえるサンプルを取っておいて、旅行で使いきってしまえば、帰りの荷物も減らせますね。

敏感肌で、毎日違うサンプルを使うのはちょっと…という方は、化粧水から美容液、乳液、クリームの役割を果たしてくれるオールインワンジェルもオススメ。スチーム(蒸気)で製造された全身用保湿クリームも、旅行に重宝するアイテムの1つ。顔、ボディ、そしてヘアにも使え、1個でいくつもの役割を果たしてくれます。旅行先でいきなり使うのではなく、事前にチェックすると安心ですね。

それでもやっぱり使い慣れたスキンケア用品を持って行きたい!という方は、コンタクトレンズのケースに入れていくのがオススメ。美容液やBBクリームなど、クリーム状のものであれば入れられます。

また、意外な落とし穴として、日本のホテルには置いてあることの多い歯ブラシや歯磨き粉は海外のホテルには置いていないことが多いので、日本から持参しましょう。その際も、新品ではなく、自宅で使っていたのを持って行き、帰りは捨てていくくらいが良いかと思います。




  • <ニールズヤード レメディーズ>フランキンセンストライアルセット A-style

    <ニールズヤード レメディーズ>フランキンセンストライアルセット

    数々のビューティアワードを受賞した「フランキンセンス」のスキンケアをトータル使いで試せるセット。

    詳細はコチラ
  • <ロクシタン>レーヌブランシュ トライアルオールスターキット A-style

    <ロクシタン>レーヌブランシュ トライアルオールスターキット

    ロクシタンの美白ライン「レーヌブランシュ」のトライアルキットです。ミニサイズなので、旅行にピッタリ。

    詳細はコチラ



「調べる」「読む」「撮る」「聴く」「観る」「共有する」
すべてができるガジェットはmust

  • 「調べる」「読む」「撮る」「聴く」「観る」「共有する」すべてができるガジェットはmust

    ▲左から、旅にいつも持参するiPad mini、ガラケー、iPhone。ガラケーは国際電話対応。iPad miniやiPhoneはSIMフリー端末だと、現地のSIMを購入すると格安でインターネットを使うことができて便利/photo by シカマ アキ


スマートフォンなどガジェットは、旅行・出張でも必須アイテム。以前は、観光ガイドブックや機内で読む文庫本などを数冊持参していたのが、電子書籍の登場によってスマートフォンやタブレットが本の代わりに変身しました。

最近では現地の空港、機内でWi-Fiが利用できる航空会社も増えているため、使用できる場所は増えています。また、事前に航空会社のアプリを入れておくと、フライトの検索や運行状況の確認はもちろん、モニタのない飛行機の場合は、自前のスマホやタブレットで映画やドラマなどが楽しめるので、ぜひダウンロードをしておきましょう。

他にも、事前に現地の地図をダウンロードしたり、滞在先で行きたい場所やお店を写真を撮っておいて、クラウドに保管して一緒に旅行に行く人と共有したり、メールチェックなどパソコン代わりにもなるので、滞在中、急な仕事も対応できますね。もちろん、カメラもスマホので充分という方であれば、即SNSにアップして、リアルタイムに楽しんでいることを共有できるのも楽しみのひとつです。

ただひとつ、日本と同じような感覚でスマートフォンやタブレット端末を海外で使用するのは、国によっては盗難に遭うリスクが上がりますので、ご注意ください。

また、各国のWi-Fi状況については
【ANA STORE 旅テクファイル!vol.13】海外でもネットをフル活用!? 世界の「Wi-Fi」事情
の記事もご参考くださいね。




服や靴は「現地調達もあり」くらいの気持ちがmust

  • 服や靴は「現地調達もあり」くらいの気持ちがmust

    ▲アメリカ・ニューヨークの5番街。世界の名だたる高級ブランドが軒を連ねている一方、ユニクロやH&Mなどのファストファッションも。大きな店舗でアイテムも豊富なので現地調達の時にはとても重宝します/photo by シカマ アキ


服や靴といったアイテム、あれもこれもと持参し過ぎると、けっこうな荷物になってしまいます。そんなとき持参すると便利なのが「ワンピース」「スカーフ」「帽子」です。

ワンピースはジャージー素材のものも最近は増えているので、洗濯ができて、乾きも早く、上着をはおってラフにも着こなせ、ディナーなどのフォーマルな場所でも使えて、マルチに活躍します。

帽子は被ってしまえば、ドライヤーやヘアアイロンも要らなくなり、ヘアセットをする時間も短縮され、ついでにオシャレな人にも見えて(笑)1つで何度もおいしいアイテムです。もちろんたたんでも大丈夫な帽子にするのがコツです。


スカーフは、羽織って日除け対策や、首や腰に巻いて防寒対策、ひざ掛け代わりや壊れやすいものを包むなどパッキングにも使えますよ。




  • パッカブルワンピース A-style

    パッカブルワンピース

    一枚でもサマになるけれど、アクセサリーやニットと合わせるなど、さまざまなシーンで着回しが可能。ジャージー素材なので、旅のリラックスウエアーとしても活躍

    詳細はコチラ
  • レディースロングブリムパナマハット A-style

    レディースロングブリムパナマハット

    軽くて風通しも良く、防熱性と耐久性に優れたハット。 紫外線から頭皮や肌を守る役割も果たします。職人が丁寧に編み上げた帽子です。


    詳細はコチラ



ですが何より、よっぽどの僻地へ行くのでなければ「現地調達する」と考えるのも手です。ニューヨークやロンドン、パリなどの大都市だと、人気のH&MやZARA、ユニクロなどの店舗はたいていあります。日本よりも価格はやや高めですが、品質的にやはり安心で、現地の人々にもコストパフォーマンスが良いと人気です。

筆者は、現地に着くと、思っていたよりも寒かったり暑かったりで、服の選択を完全に間違えたのに気づいてユニクロに買いに走ったこと、けっこうあります。

ポイントは「ひとつで何役もこなすアイテム」「現地調達でもOKなアイテム」「捨てても良いアイテム」を事前に決めておくこと。次の旅行・出張は、最小限のアイテムで最大限楽しむことを実践してみてくださいね。



※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もある旨、予めご了承ください。

「ANA STORE 旅テクファイル!」記事一覧

オススメショップ

▼Wi-Fiがあれば、旅を何倍も楽しめる!


合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE