ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > 旅しているあの人に聞いてみた。俺の・私の「出張アイテム三種の神器」 Vol.6

俺の・私の出張アイテム三種の神器 vol.6

旅しているあの人に聞いてみた。
俺の・私の「出張アイテム三種の神器」 Vol.6

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2016/8/1 UPDATE

ANA STOREの人気シリーズ“旅しているあの人に聞いてみた。俺の・私の「出張アイテム三種の神器」”特別編、キャビンアテンダント(CA)の神器はいかがでしたか?
世界を飛び回っているからこその情報感度の高さ、ホスピタリティあふれる意外なアイテムなど、参考にしていただければと思います。

さて今回は、第6回目の旅の達人を紹介します。旅と食のブログ「AMI-GO!」を運営するトラベルコラムニスト松澤亜美さん。現地に友人がいなくても、タクシーの運転手や街の人に話しかけてブログに綴るアクティブな彼女は、どんな「三種の神器」なのでしょうか?

>>過去の「三種の神器」記事はコチラ



今回の“達人”はこの方

= トラベルコラムニスト =
松澤亜美 さん

旅するトラベルコラムニスト。旅・食好きコミュニティLunchTrip を運営するほか、外資スタートアップ企業でコミュニティマネージャーも務めています。

ブログ:Ami-Go!〜旅と食とピクニックと。Travel &Lifestyle Blog
www.ami-go-trip.com

Instagram:https://www.instagram.com/amiiii0624/
Facebook:https://www.facebook.com/ami.matsuzawa.1

経歴:
早稲田大学を卒業後、大手メーカーにて海外工場コンサルタント・事業企画、貿易に携わる。Parsons The New School for Designへの短期留学、日本ファッションウィーク推進機構を経て、旅ブロガーとして世界を旅しながらHuffington Post、EU MAG、繊研新聞社などにコラムを掲載する傍ら、国土交通省通訳案内士として外国人へ日本を案内。2014年9月よりPinterest Japanコミュニティマネージャーを務める。 2016年3月からはJ-waveでトレンドコーナーを担当。



初めまして。トラベルブロガーのAmiです。大体年に5-6回くらい海外にいき、それ以外に国内旅行/取材に行きます。

普段から行動的な性格で、旅先でも現地の自然を最大限楽しむべくアクティビティを楽しんだり、海外の現地友人のホームパーティにいったり。観光地ももちろん巡りますが、普通のツアーに参加するだけではなく、体を動かしながら現地のことを学んでいくのが好きです。

人とコミュニケーション取るのも好きで、現地の人々(現地に友人がいない場合、タクシーの運転手さんにでも!)に質問をして、忘れないうちにその時の気持ちや温度感をブログで伝えることもあります。

今日は、私の持っていくグッズの中でも三種の神器をお伝えします。




Amiさんの「三種の神器」

01.薄くて軽いワンピース 


女性たるもの、旅先でどんな出会いがあるかわからない。それは、別に男女の出会いに限らず、素敵なレストランだったり、いきなり撮影だったり、急に重要人物に会うことになるかもしれないし…。

そこで私が持っていくのは、薄くて軽いワンピースです。基本的に夏を想定しています。しわになりにくく、意外にフォーマルにも使えるジャージー素材はベストです。


  • 薄くて軽いワンピース|三種の神器 vol.6

私の感覚では、スカートの丈を短くすると、欧米では露出度が高いと感じる方が多い反面、上半身の露出は海外のほうが寛容という雰囲気があるように思います。

ですので、海外ではスカート丈の短いものよりは多少長さがあって、胸元や腕はキレイに見せるものだと滞在を楽しめると思います。






02.スニーカーなどぺたんこ靴


旅先では現地の雰囲気を楽しみたいので、歩き回ることが好きです。
なので、基本的にヒールのない靴で行くことが多いです。
持っていくのは、NIKEやPUMAのスニーカー(旅先でも走れます!)または、ビルケンシュトックのようなサンダルを持って行きます。


  • スニーカーなどぺたんこ靴|三種の神器 vol.6
  • 自転車を借りて小浜島を一周|三種の神器 vol.6

沖縄に滞在したときは、滞在先のホテルから自転車を借りて小浜島を一周しました。アクティブに動けるのもスニーカーならではです。
運動が好きなので、旅先で走ったり、現地で流行のジムに連れて行ってもらうことも。そんなときも、スニーカーがあれば安心です。










03.梅味のあめ


喉が弱く、いつも飛行機で喉が乾燥してしまう私にとって濡れマスクとのどあめは必需品。とくに日本独特の梅味はなんとも落ち着く味。
いろいろな梅味がありますが、あめの中に梅肉が入っているタイプのあめは必ず持って行きます。

ニューヨークの出張に持っていったときのこと。
現地の友達が集まっている場で「そのあめを食べてみたい!」とあるひとりが言い出しました。
「いいけど、最後酸っぱくなるよ」の忠告を聞かず、なめ始めました。彼女の「何だ、甘いじゃない」「これおいしい!」の声をきいて、数名の女の子が一気にみんな口に入れました(写真右の女の子達です)


  • 梅味のあめ|三種の神器 vol.6
  • 毎回海外に行くときは欠かさないアイテム|三種の神器 vol.6

その数分後、みんなが「Oh no!」「なにこれ!?」といって大騒ぎ。

「I told you」と言いながらにやにやする私。これが楽しくて、毎回海外に行くときは欠かさないアイテムです。







いかがでしたでしょうか。パートナーと行くロマンチックな旅、女性同士でいく冒険心たっぷりの女子旅、家族で行くゆったりとした旅。

どこにいくとしても、身軽で楽しい装いや何か現地の方と話のきっかけになるようなグッズがあると、存分に現地での時間を楽しめると思います。

その他、海外情報や食に関することなどを旅ブログに書いておりますので、どうぞご覧ください。




※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もございます。
※当記事は個人の見解によるものです。当社が商品を推奨するものではありません。




オススメショップ

▼CA三種の神器はココで買える


合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE