ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > 私は“こうして”陸マイラーになりました

『旅を知る』ANAが創る逸品・名品 Vol.1

私は“こうして”陸マイラーになりました STORY.2
「好きなアーティストをそばで見たい」→なら地方遠征!?
その想いがマイルを貯めるキッカケに

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2017/1/10 UPDATE



ANA STOREのユーザーの皆さんは、マイルをコツコツ貯めている方も多いと思いますが、自分のマイルの貯め方が効率良く貯められているのか気になりませんか?

また、貯まったマイルをどう使おうか、特典航空券ANA SKYコイン、商品に変えるのを楽しみにしながら貯めている方も多いかもしれませんね。

この記事は、上手にマイルを貯めて、少し非日常を楽しむ憧れの生活をしているマイラーの方に、日頃どんなところを意識して貯めているのか、「貯めるための格言」などをインタビューしています。今回は、マイルを使って、好きなアーティストのライブの地方公演を回っている陸マイラーさんにインタビュー!

すでに「陸マイラー」の皆さん、これから「陸マイラー」になってみようかなと思っている皆さん、必見ですよ!



※「陸マイラー」とは? 普段の買い物やポイントサイトなどを活用し、主に「陸」でマイルを貯めている人のこと





今回の陸マイラーはこんな方


  • うるはさん
  • ●お名前:うるはさん

    ●年齢:30代

    ●陸マイラー歴:1年半

    ●ANAマイルを貯めるのに活用しているカードは?:
    ANA VISA一般カード/ソラチカANA To Me Card



Q1

陸マイラーになったきっかけは何ですか?




うるはさん:「好きなアーティストの地方で行われるライブに行きたいと思ったからです。地方公演は、チケットが取りやすく、会場もアットホームな規模のところも多いので、近くでそのアーティストを見られるという利点があります。とはいえ、しょっちゅう行くこともできず、どうにかお得に地方遠征に行けないかと検索をしていたらマイルを貯めて旅行している人のブログを見つけたんです。そこから「マイルを貯めて地方遠征」という方法に行き着きました。

今まで貯めていなかったのは、飛行機に数多く乗っているわけではなかったのと、たくさん買い物をしたり、ポイントを貯めないと貯まらないように思っていたからです。ですが、それは実はマイルの貯め方をよく分かっていなかったんだと思いました。今思うともったいないことしていたなぁと思います(笑)

そこからは、マイレージのアカウントを作り、ポイントサイトを活用した貯め方や、クレジットカード会社のキャンペーンを活用するなどして、約半年で初めての特典航空券を発券することができました!」


  • 初のライブ遠征

    ▲初のライブ遠征では鹿児島に行かれたそう。特典航空券で行けたので観光も楽しんだそう。写真は桜島




Q2

初めての特典航空券の発券まで半年ですか!
ハイペースで貯められましたね。




うるはさん:「はい、1度決めると即行動しちゃうタイプなんです(笑)。どうやったら普段の生活でマイルを貯められるのか考え、最初にやったことは、貯めるのに有利なクレジットカードを発行することでした。

特に通勤に地下鉄を使っている私には、通勤で乗るたびにマイルが貯まると知ったときには、本当に驚きました(笑)。ANA VISA一般カードは普段使いしていますが、一緒に発行してもらえる電子マネーもよく利用しています。コンビニでちょっと買い物する際に財布をもっていかなくても、その電子マネーさえあれば、支払いが可能なのでとても便利です。

他、買い物はウインドウショッピングすることが多くなりました。お店で欲しいものに目星を付けて、家に帰ってANAマイレージモール経由で購入したり、CDやDVDも同じようにANAマイレージモールで購入しています。他にも、ANAの特約店であるカフェの電子マネーカードを使って、チャージの際には、ANAカードを使うなど、さまざまなサービスを駆使しています。

生活スタイルは変えていないのですが、お金の支払い方法を変えただけで、かなりの速さでマイルが貯められると分かって感動しました。」




Q3

初の特典航空券でどちらへ行かれたのですか?




うるはさん:「初めての特典航空券では鹿児島に行ったのですが、本当に楽しくて!今まで、ライブで地方公演に行くときは、チケット代はもちろん、交通費や宿泊代も必要になるので、観光はほとんどできなかったんです。

ですが、マイルで行ったことで、気兼ねなく鹿児島での観光を満喫することができました。ライブの前日には指宿で念願の砂風呂と温泉を満喫して、つやつやの肌でライブを鑑賞することができました(笑)他にも長崎鼻、桜島に行ったり、ご当地スイーツを食べたり。ライブも大盛り上がりだったので、大満足です!」


  • 鹿児島県、薩摩半島最南端にある岬「長崎鼻」

    ▲鹿児島県、薩摩半島最南端にある岬「長崎鼻」を撮影。海に沈む夕陽は鹿児島旅行で印象的なシーンとして思い出に残っているそう




Q4

楽しそうな様子が伝わってきます。
他にはどのような場所にいかれたのですか?




うるはさん:「そうですね。鹿児島の後は北海道と福岡に行ってきました。ずっと憧れていた北海道に初めてマイルを使って行き、札幌ドームの公演を見に行くことができました!ライブの盛り上がり方も地方によって少しずつ違ったり、街の文化の違いも知れて地方遠征も楽しいです。

特典航空券を取るのがシーズンによっては難しいときもあるので、マイルをSKYコインに変えて航空券を購入したこともあります。福岡はそのようにして行きました。

旅行のスタイルに沿って航空券と宿泊を組み合わせるANAの「旅作」というプランを使うと、ホテルもセットにしてSKYコインで支払いができて便利でした。こういう融通の利くところもマイルの魅力ですね。」


  • 初めて行った札幌ドーム

    ▲初めて行った札幌ドーム。外は寒かったそうですが、中はファンの熱気がすごかったとか(笑)

  • 北海道の味覚

    ▲お寿司や札幌ラーメンなど北海道の味覚を堪能したそう。支払いはもちろん「ANAカード」だそう




Q5

最後に、うるはさんのマイルを貯めるための「格言」は何でしょう?




  • 日々の暮らしに一工夫!

マイルを貯めるために不必要なものを買ったり、ムダ遣いをするのではなく、日々の暮らしでの買い物の買い方やクレジットカードを少しだけ変化させると、マイルが貯めやすくなる生活を送れるようになりますよ。




※当記事は個人の見解によるものです。当社がマイルの貯め方や使い方を推奨するものではありません。
※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もある旨、予めご了承ください。




マイルを上手に貯めるには「ANAマイレージモール」のキャンペーンをフル活用!


ANA DESIGN


コチラを読んだ方はこんな記事も読んでいます


合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE