ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > <シンプルライフのすすめ>ミニマリスト男子・女子の「旅ルール」

<シンプルライフのすすめ>ミニマリスト男子・女子の「旅ルール」Vol.4

<シンプルライフのすすめ>
ミニマリスト男子・女子の「旅ルール」Vol.4

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2017/3/6 UPDATE

最近、「ミニマリスト」という言葉が世間にだいぶ知られるようになってきました。ミニマリストの利点は、「モノ」を減らすことで、必然的に身の回りがシンプルになり、心に余裕が生まれ、「自分にとって本当に必要なモノ」を見極めた毎日を過ごすことができる点です。

そんな「本当に必要なもの」を見極めているミニマリストが、旅や出張にマストとしているものは何でしょうか?そのマストとしているコト・モノを参考にすれば、あなたにとっての「マスト」を見極めるヒントになるかもしれません。

今回登場いただいたのは、「魔法使いのシンプルライフ」ブロガーのエリサさん。「ないことを楽しむ」を旅ルールとし、不便さは「新たな可能性を探る」きっかけになると話すエリサさんにお話を伺いました。



なぜミニマリストになったのか?


きっかけは、短期留学の際にトランクひとつの荷物で一ヶ月間過ごしたことでした。

・すべての持ち物を把握している安心感
・持ち物の整理整頓に必要な時間の少なさ
・これさえ持てばどこでも行けるという身軽さ

持ち物が少ないことのメリットを大いに感じ、帰国してからは狂ったようにものを手放したのです。その結果、自由な時間と空間が増えました。実は、短期留学に行く1〜2年前、仕事が増えてどんどん忙しくなった時期で、嬉しい半面(経営していた会社ですので)、寝る時間を削らなければいけない状況に疲弊していくのを感じていました。そして大きな波に飲み込まれるように、自分がやりたいこととは違う方向に流されていっているような感じもしていました。

その時から、心のままに行動できる環境を求めていたように思います。私にとって、心のままに行動できる環境=時間と空間に余裕があるということですが、それは、「もの」の取捨選択をすることで生まれ、「もの」の取捨選択をすることで、「ものごと」に向き合うことができると気が付きました。


  • なぜミニマリストになったのか?



ミニマリストになって何が変わったか?


ものを持たないようにしてから、自分の心に素直に生きられるようになりました。それはきっと、ものを取捨選択するたびに、「自分は何を大切にしたいのか」と心に問いかけたからだと思います。

例えば、使用中の便利さより収納場所を確保する大変さを感じると思って手放したものもあれば、一度手放してみたことで「私に必要なものだ」と気づいて買い戻し、感謝しながら使うようになったものもあります。

日常生活の中で究極の選択を迫られる機会はあまりないと思いますが、ものと向き合うことで1日に10回も20回もそれが経験できたのは、貴重な経験でした。


  • ミニマリストになって何が変わったか?

ミニマリストになる以前は、目の前のことをこなすのに精一杯で、社会を上手に生きようとするほど、自分の心にウソをついて生きていた部分があったように思いますが、それに気づく余裕はありませんでした。周囲に合わせることが必要なときもありますが、自分が本当に大切にしたいものを見失ってしまっては本末転倒。

ミニマリストになってからは、自分の心と向き合えるようになり、会いたい人に会い、行きたいところに行き、食べたいものを食べる。そんな当たり前のことが、当たり前にできることの幸せを感じています。




旅や出張に行くときにルールにしていること


  • 旅や出張に行くときにルールにしていること

「ないことを楽しむ」です。

例えば洗濯機がない場合
・手洗いしてみる
・コインランドリーを使ってみる
・旅先で下着を買ってみる

例えばバッグの容量が足りなくなった場合
・大判ストールを結んで袋を作ってみる
・持ち物を旅先で出会った人に譲ってくる
・ポケットに詰め込んでみる

日常の暮らしは、自分が快適に暮らせるように整えてある部分が多いのではないでしょうか。
旅先にもその快適さを求めようとすると、不便さに目が行きます。けれど「ないことを楽しむ」と決めると、不便さは「新たな可能性を探る」というチャンスになります。新たな可能性というのは、例えば、上記で書いた「洗濯機がない場合」でいうと「手洗いしてみる=今まで磨かなかった技術を高める」「コインランドリーを使う=新たな方法を見つける」「旅先で下着を買う=洗わなくても良い状況を作る」といった、自分の経験値を上げる、発想の転換ができるようになる、ということです。




ミニマリストとして欠かせない「マストなアイテム」は?


そんな私ですが、「普段これだけは欠かせない」と思っているアイテムを、日常生活でのマストアイテム、旅でのマストアイテム、それぞれご紹介します。



日常のマストアイテム



ワセリンを様々なシーンで活用しています。唇の保湿、化粧水の代わり、髪の浮き上がりを抑える、靴ずれを予防するなど。ひとつあれば幾通りもの使い方ができるのは、シンプルで安心な保湿成分を持つワセリンだからこそ。

普段はコインサイズの小さな容器に詰め替えて、お財布ポシェットに入れて持ち歩いています。


  • 日常のマストアイテム1
  • 日常のマストアイテム2



旅のマストアイテム



出発地は氷点下でも、到着地は花咲く季節…なんてことがあります。そういうとき便利なのは、着て暖かく、持ってかさばらないコート。ライナーつきトレンチコートが、まさにそれ。

薄くて軽いのに暖かい圧縮ウールで、脱いでラフに畳んでカバンに入れてもシワになりづらい素材。

ちなみに私は北海道に住んでいますが、持っているコートはこれ1枚のみ。北海道の冬を乗り越えられる底力があります。


  • 旅のマストアイテム1
  • 旅のマストアイテム2






※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もございます。
※当記事は個人の見解によるものです。当社が商品を推奨するものではありません。




合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE