ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > 「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査

「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査Vol.3

「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査
【Vol.3:スリッパ編】

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2017/6/26 UPDATE

室内で履くスリッパ、実は日本が発祥だと知っていましたか?欧米など土足の文化圏に対し、日本は部屋の中では靴を脱いで過ごします。長時間靴を履いたままでいると、なんとなくくつろげないですよね。長時間のフライト中、少しでも足を楽にしたい、ホテルでいちいち靴を脱ぎ履きするのが面倒…そんな時に役立つのがスリッパ。でも、海外のホテルには備え付けがなかったり、あっても質がいまいちだったりすることも少なくありません。

そこで今回は、4人の旅好きに普段使っているスリッパについて語ってもらいました。納得の意見から「こんなのあるんだ!」という驚きのモノまで、様々なこだわりが見えてきましたよ。



今回の旅好きメンバー


  • S.Kさん
  • S.Kさん

    仕事の傍ら、旅をテーマにしたブログの運営、旅行ガイドの執筆をしつつ、弾丸旅行を楽しんでいる。
    http://wptravel.msmsnet.com/
  • Tomoさん
  • Tomoさん

    途上国を中心に世界各国へ行く仕事をし、2016年は10回、のべ16カ国へ。これまで50カ国以上を訪問し、フィリピン、アメリカ、イギリス、ガーナなどに住んでいたことがある。
    http://master-of-life.net/

  • マツヤマカンキさん
  • マツヤマカンキさん

    フリーランスとして日本・海外を動きつつトラベルブロガー、ライター、カメラマンとして活動中。これまで訪れた国は27カ国。
    http://wemmick3.com/
  • mugiさん
  • mugiさん

    旅とコスメとアンティーク好きのブロガー。旅行には必ずアガサ・クリスティの本を持って行くことから名付けたブログ「旅行鞄にクリスティ」を運営。
    http://nowboarding.blog.fc2.com/






【セレクト理由1】軽くてかさばらない


  • 軽くてかさばらない

mugiさん

まず、やっぱり軽くてかさばらないというのは重要ですよね。

Tomoさん

荷物は最小限に抑えたいですしね。僕も軽くてかさばらないかを気にして選んでます。

mugiさん

私がスリッパを選ぶ一番の条件は、機内持ち込みバッグに入れてもかさばらないこと。私はホテルではスリッパよりも脱げにくいビーチサンダルを利用しているので、スリッパは飛行機内でしか使わないんです。荷物はそんなに多くないほうなのですが、機内持ち込みバッグはカメラや本、羽織り物などでパンパンになりがちで…。

S.Kさん

普通のスリッパだと、重い上にけっこう場所をとるんですよね。

mugiさん

一度は人前で履いても恥ずかしくないようなしっかりした造りのものを買ったこともあるんです。ふかふかしていて良いのですが、やっぱり重いしかさばってしまって。今使っているのは収納袋込みでも邪魔にならないとても軽いもの。機内でしか使わないですし、快適さよりもコンパクトさを重視しています。



  • 専用ポーチ付きのポケッタブルシューズ!

    軽く、履き心地にこだわった専用ポーチ付きのポケッタブルシューズ!

    軽く、履き心地にこだわったレインバレエシューズ。旅先での急な雨や室内履きとしても使えます。 商品はこちら
  • 軽い・かさばらないは旅行用スリッパの必須条件!

    快適な旅行に欠かせないスリッパは“軽い・かさばらない”のが必須条件!

    荷物になりにくい軽量・コンパクトなスリッパが勢揃い。いつでもさっと取り出せる便利さが魅力。
    商品はこちら


【セレクト理由2】汚れてもOK&洗えるもの

Tomoさん

仕事柄、途上国に行くことが多いんですが、けっこうホテルの部屋が埃っぽいことも多いんです。なので僕の場合、スリッパは機内だけでなくホテルの室内履きとしても必須です。

マツヤマさん

行く場所にもよりますけど、海外だとたまに床がそんなに綺麗じゃないこともありますもんね。

mugiさん

ただ、足に使うものなので気を使いますよね。機内でもエコノミークラスだと、意外と足元までの距離が隣の人と近かったりして、エチケットとしても清潔なものを使いたい。私は洗えるものを選んで、定期的に洗濯するようにしていますよ。



  • 洗えるスリッパならいつでも衛生的&汚れても安心
  • 洗えるスリッパならいつでも衛生的&汚れても安心

    旅行先で汚れても、いつでも清潔に保てるのはポイント!洗える安心感でどんな場面でも活躍します 商品はこちら



【セレクト理由3】デザイン性も重視

  • デザイン性も重視

▲S.Kさん愛用のモロッコで買った「バブーシュ」


S.Kさん

旅行という非日常の空間なので、私はせっかくなら履いていて気分が上がるアイテムがいいな。最近はモロッコを旅行中に買った「バブーシュ」をスリッパとして使っています。モロッコの伝統的な履物で、現地の人はルームシューズとして使うほか、屋外でも普通に靴として履いてるんですよ。

mugiさん

刺繍や飾りがすごくかわいい! それに履かない時はぺたんこになるんですね。

S.Kさん

持ち運びが楽ですし、基本の素材が革なので丈夫ですよ。あらかじめ折れているかかと部分を踏んで歩くのでスリッパと同じ感覚で脱ぎ履きできるし、見た目もパンプスみたいなので屋外で履いても違和感がないのがポイントです。

マツヤマさん

僕もデザインにはこだわっていますね。使っているのは丈夫な和紙素材で作られた「SIWA・紙和」というブランドのスリッパです。

Tomoさん

和紙でできたスリッパなんてあるんですね。でも、紙だとすぐにダメになっちゃったりしませんか?

マツヤマさん

底面が合皮だから水にも強いし、使うごとに和紙ならではのシワ感・風合いが増してきて、変化も楽しめますよ。和紙という日本の文化を身につけておくと、ふとした時に外国の人の目に止まり、会話のネタになることも。日本の歴史や文化を話すきっかけにもなるのでおすすめです。



  • モロッコのバブーシュで足元を彩る

    モロッコのバブーシュで足元を鮮やかに彩る

    旅気分も盛り上がるオリエンタルデザインでオシャレに。 商品はこちら
  • フォーマルなスリッポンにバブーシュの履き心地をプラス

    フォーマルなスリッポンにバブーシュの履き心地をプラス

    屋外でも活躍できる魅力が◎。
    商品はこちら
  • マツヤマさんおすすめ!「SIWA・紙和」のスリッパ

    マツヤマさんおすすめ!
    「SIWA・紙和」のスリッパ

    日本人の技術が活きた逸品。旅の話題にも。
    商品はこちら
  • ささ和紙を使ったこんなスリッパも!

    ささ和紙を使ったこんなスリッパも!

    お風呂上がりに素足で使いたい、サラッとした履き心地。ムレしらずの快適さ! 商品はこちら


【セレクト理由4】肌触りのよさ


マツヤマさん

あと、SIWA・紙和のスリッパは履き心地もすごく良いんです。夏はさらっとしていて、冬は温かみがある。和紙ならではの肌触りですね。

Tomoさん

僕も履き心地は気にしています。ホテル備え付けのスリッパで、たまにビニール製のものがありますが、特に夏場はべたべたして落ち着かなくて…。布の肌触りが落ち着くので、こだわっています。

S.Kさん

靴を脱いでリラックスするために持っていくものですし、それで落ち着かなかったら元も子もないですもんね。和紙や布、バブーシュのように革など、いろんな素材のものがあるので、自分に合った素材から選んでみるのも良さそうですね。



  • やわらかなレザーが心地いい大人のスリッパ
  • やわらかなレザーが心地いい大人のスリッパ

    英国靴の高級ブランド、チャーチが作った携帯用スリッパ。飛行機や出張中のホテルでさり気なく使いたい。羊革の柔らかな質感で足をリラックスさせてくれます。 商品はこちら


いかがでしたか?今回はまず、皆さん必須条件として

軽くてかさばらないこと

を挙げていました。その上で、

汚れてもOK&洗える素材で清潔を保つ
気分が上がる・会話のネタになるユニークなデザイン
自分に合った肌触りの素材を見つける

などのこだわりが挙がりました。
これから来る夏休み、海外旅行をお考えの方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?



※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もございます。
※当記事は個人の見解によるものです。当社が商品を推奨するものではありません。




「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査 記事一覧

合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE