ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > レディースドックは女性特有の病気検査に便利!

また行きたい!即行きたい!今ドキ“人間ドック&検診”Vol.9 女性なら受けておきたい“レディースドッグ”とは?

【また行きたい!即行きたい!今ドキ“人間ドック&検診” Vol.9】
女性なら受けておきたい“レディースドッグ”とは?

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2017/7/24 UPDATE

女性のみなさん、「がん」を、遠い誰かのことだと思っていませんか?例えば、女性特有の子宮頸がんは20代で最初のピークを迎え、乳がんは12人に1人がかかると言われています。今やがんは、年齢を問わずすべての女性において身近な病気になっていると言えるでしょう。

そこで今回は、ANAマイレージモール経由でマイルも貯められる「人間ドック・がん検診予約サイトの“マーソ”」より、「レディースドック」をご紹介します。

少しでも早く発見・治療に繋がるように、ぜひレディースドッグを受けてくださいね!



レディースドックとは?

レディースドックとは、「通常の人間ドック」と、乳がん、子宮頸がんなど「女性特有の病気の検査」がセットになった人間ドックのこと。一般的に「通常の人間ドック」には、「乳がん」「子宮頸がん」「子宮がん」「卵巣がん」「子宮内膜症」など、女性特有の病気の検査は含まれていません。ですから、もし女性特有の病気の検査を受けたい場合は、オプションでつけたり、別途申し込みをすることが必要です。

しかしレディースドックでは、女性特有の病気の発見を目的とした検査が最初からセットになっているので、別途申し込みをする手間はありません。一度(1日)の検診で、女性ならではの疾患も一緒に検査することができるのです。


  • レディースドックとは?

    この画像はイメージです。




どうしてレディースドックを受けたほうがいいの?

女性特有の病気は、本人が気づかないまま進行しているケースも多く、自覚症状が出た頃にはすでに手遅れだった……ということも。また、発見が遅れれば遅れるほど、身体的にも、経済的にも、治療による負担が大きくなり、命を奪われる危険性にもさらされます。

ですから、できるだけ負担の少ない治療で治癒させるには、早期発見に努めて一刻も早く治療をはじめることが必要なのです。それには通常の人間ドックだけではなく、女性特有の疾患の検査もセットになったレディースドックを受け、“女性特有の病気も含めて総合的にチェック”することが重要です。


  • どうしてレディースドックを受けたほうがいいの?

    この画像はイメージです。




何歳から受ければいいの?

少し前までは、人間ドックやレディースドックは40歳を超えたら受けるべきだと言われていましたが、最近では若い世代でも乳がんや子宮がんが増えています。

例えば、「乳がん」は30代後半から多くなり40代から急増すると言われていますが、これに限らず20代~30代前半でも発症リスクがあり、若くして命を落とすケースもあるようです。また「子宮頸がん」は、なんと20代で最初のピークを迎え「子宮筋腫」や「卵巣嚢腫」も20代での発症は稀ではないと言います。それから「卵巣がん」がもっとも多いのは40代~50代ですが、「サイレントキャンサー」(静かながん)と言われ、ある程度大きくなるか、他部位に転移するまで検出されず、自覚症状が現れにくいと言われています。

また、年齢のみならず血縁者に乳がんや子宮頸がんになった方がいるかどうかでも、危険度は変わってくる可能性があります。

ですから、まずはどの年代でどの病気の危険度が増すのかを知り、自分の状況も踏まえた上で検査項目を検討することが必要と言えるでしょう。検査項目は医療機関やプランによっても異なります。プラン内容をしっかりと確認し、早期発見・治療につなげてくださいね。


  • 何歳から受ければいいの?

    この画像はイメージです。



※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もある旨、予めご了承ください。

▼気になった時が行き時!女性におすすめの検診


  • 女性のための健診特集
  • 乳がん検診特集
  • 5,000円以下の乳がん検診特集
  • 9,800円以下の乳がん検診特集






マイレージモールなら、人間ドックの予約でもマイルが貯められる!

  • MRSO
  • マイレージモールを経由すれば、
    ご受診金額100円ごとに1マイル貯まります。


あなたにあった人間ドックを探す>>

合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE