ANA STORE

menu

ANA EC

HOME >旅しているあの人に聞いてみた。俺の・私の「出張アイテム三種の神器」 Vol.18

旅しているあの人に聞いてみた。俺の・私の「出張アイテム三種の神器」  Vol.18

旅しているあの人に聞いてみた。
俺の・私の「出張アイテム三種の神器」 Vol.18

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2017/8/21 UPDATE

あなたの旅の「必需品」は何ですか?
ANA STOREの定番企画“旅しているあの人に聞いてみた。俺の・私の「出張アイテム三種の神器」”では、旅や出張で海外や日本を渡り歩いているいろいろな職業の方に、旅に欠かせない必携アイテムを聞いていく、人気シリーズです。

今回は、WEB制作の仕事をこなしながら毎月半分は海外に行っているという「旅するノマドワーカー」ひらたよしひろさんが登場。パソコン1台でどんな場所でも仕事ができるひらたさんの三種の神器は、出張の多いビジネスマンの方も必見です。

>>過去の「三種の神器」記事はコチラ



今回の“旅・出張の達人”はこの方

= 旅するノマドワーカー ひらたよしひろさん =

通勤電車嫌いがキッカケで独立し、始めたノマド生活も早10年目。ノマドでWEB制作・開発系の仕事をしながら、毎月海外に出て、ヒトやモノや情報を繋いだりして暮らしています。

株式会社トキンファクトリー代表取締役。一男一女の父でもあります。

ブログ:ひらたよしひろ.com / Facebook:ひらたよしひろ.com
TwitterInstagram トキンファクトリー



こんにちは。「旅するノマドワーカー」ひらたよしひろです。

普段は家族のいる東京に住んでいますが、仕事自体はネットに繋がればどこでもできるため、月の半分は海外に行くような生活をしています。毎月のように飛行機に乗って海外を旅するうちに、いるもの・いらないものがわかるようになり、荷物はどんどん小さく、本当に必要なものだけに絞られてきました。

そんな自分が「これは必ず持っていく」というモノの中から、3点をご紹介します。




ひらたさんの「三種の神器」



01.“バッテリーケース”と“スマホリング”の合わせ技!


一つ目は、Ankerのバッテリーケースとスマホリング。2セット持っていて、入れ替えながら使っています。

まず、仕事のやり取りをしたり、調べ物したり、地図を見たり、翻訳したり、写真を撮ったり、とにかくスマホがないと原始人になってしまうので、バッテリー切れ対策は必須。モバイルバッテリーを持ち歩いている人も多いと思います。

以前は普通のモバイルバッテリーを持っていたこともあったのですが、それ自体が荷物になるのと、ケーブルが邪魔だったので、ケース一体型のバッテリーケースに落ち着きました。もちろんケースなので、落としたときはしっかり保護してくれます。


  • “バッテリーケース”と“スマホリング”の合わせ技!
Photo by Yoshihiro Hirata


ただ、このバッテリーケースは比較的軽いとは言え、やはり通常のケースに比べると重くなってしまいます。

そこで、自分はスマホリングをつけています。これでホールド感がアップして、重さはあまり感じずに済むと同時に、機内での映画鑑賞時、自撮りをする時などにはスタンドになってくれるというメリットもあります。

また、治安の悪い国に行く場合は、スリ対策にもリングが付いていたほうがちょっとは安全かな、なんて気もします。

常に持ち歩くスマホ周りを変えてみると、一気に快適に!?

  • ケーブル無しの快適感!

    ケーブル無しの快適感!

    ケース一体型でかさばらないAnkerのバッテリーケース。 商品はこちら
  • 種類様々!バッテリーケース

    種類様々!バッテリーケース

    iPhoneやAndroid、機種に合わせたケースを選んで! バッテリーケースはこちら
  • 安定感アップのスマホリング

    安定感アップのスマホリング

    動画鑑賞時や自撮りの時にはスタンドとしても活用可能! スマホリングはこちら
  • ANAオススメのスマホグッズ

    ANAオススメのスマホグッズ

    飛行機モチーフのスマホグッズで、気分を上げてみては? 商品はこちら





02.インナーバッグや速乾タオルにもなる“シュマグ”


次のアイテムは「シュマグ」。アフガンストールとも言う、薄い布でできたストールです。これもいつも2枚ほど持っていきます。いろいろな使い道があるのでとても重宝しています。

まずは、飛行機内での寒さ対策。首に巻けばマフラーに。鼻を覆えばマスクに。体に掛ければ毛布になります。飛行機内に限らず、寒い国に行った時や、空港泊する時、やたらとクーラーが効きすぎがちなアジアのタクシーやバスでも防寒に役立ちます。

逆に暑さ対策にも使えます。頭にかぶったり、日陰を作ることで、直射日光を遮って、暑さが和らぎます。


  • インナーバッグや速乾タオルにもなるシュマグ
Photo by Yoshihiro Hirata


また、体温調整だけじゃなく様々な使い道があるのもシュマグの便利なところです。たとえば、荷物を運ぶ時には風呂敷代わりとして使えますし、スーツケース内の荷物を小分けにするインナーバックの代わりにもなります。ホテルに着いてから外出する際に、パソコン程度の小さい荷物を運ぶ時には、風呂敷スタイルで出かければバッグ要らずです。

そして普通のストールと違うのが、タオルとしても使えること。驚くかもしれませんが大判なので扱いやすく、意外と吸水性もいいので、バスタオルがないホテルや空港のシャワールームなどで大活躍します。

タオルとして使ってしまっても、洗って干しておけば、目の粗いシュマグは翌朝には乾いてくれます。この特性を応用して、乾燥しがちなホテルの部屋の加湿器代わりにも使えますね。


  • タオルとしても優秀!機能性を備えた“シュマグ”
  • タオルとしても優秀!機能性を備えた“シュマグ”

    日差し対策、寒さ対策、タオル機能を兼ね備えた優れもの。使い心地がよく、エスニックな雰囲気もオシャレ。 商品はこちら




03.自分にフィットする“耳栓”で、いつでも集中できる環境に


最後の1つは迷いましたが、ベタに「耳栓」です。いくつか試して、遮音性が高くて自分の耳に合うものを見つけると良いと思います。僕はすぐなくしてしまうので、旅にはいつも何セットか持って行くようにしています。


  • 自分にフィットする“耳栓”で、いつでも集中できる環境に
Photo by Yoshihiro Hirata


使用するシーンは主に3つ。まずは機内の騒音対策です。気になる飛行機のエンジン音も、耳栓があれば途端に快適。いつでも1人の世界に入れます。特に夜の便で寝たい時には、これがないと眠れないほどです。

次はホテルで寝る時。泊まったホテルで、外や隣の部屋からの音が気になることもあると思います。時には、深夜までどこからか尋常じゃないカラオケの音が鳴り響いて来ることも……。耳栓がないと、明け方まで歌声につき合うことになります。

最後は、やはり仕事をする時の集中のため。屋外で仕事をすることも多いのですが、やはり周りがうるさくて集中できないこともあります。そんな時、耳栓をつけることでアジアのクラクションの喧騒の中でも、ばっちり遮音。集中力が高まります。海外にいてもどこにいても、仕事をきっちりとこなすための必須アイテムです。


耳栓をはじめ快眠&集中力アップに役立つ騒音カットアイテム

  • 自分に合った耳栓を見つけよう

    自分に合った耳栓を見つけよう

    様々な種類があり、一つ一つは安価なので自分に合ったものを見つけるのがポイント。 商品はこちら
  • ノイズキャンセリングイヤホン

    ノイズキャンセリングイヤホン

    イヤホンとしても、耳栓代わりとしても使え、外音の音量を調節できるものも。 商品はこちら



以上、僕のトラベル三種の神器でした。

海外旅行は、文字通り世界が広がりますね。旅に便利なグッズや情報などはブログでも紹介しているので、是非チェックしてみて下さい!皆さんの旅を快適にするアイテム探しの参考になれば幸いです。


※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もございます。
※当記事は個人の見解によるものです。当社が商品を推奨するものではありません。



オススメショップ

▼ノマドワーカーにオススメな旅グッズが見つかるショップはこちら



合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE