ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > オーロラ・富士山・桜…旅先でのシャッターチャンスを逃さないために!飛行機撮影の第一人者、ルーク・オザワ氏が語るANAカレンダー撮影秘話

オーロラ・富士山・桜…旅先でのシャッターチャンスを逃さないために!飛行機撮影の第一人者、ルーク・オザワ氏が語るANAカレンダー撮影秘話

オーロラ・富士山・桜…旅先でのシャッターチャンスを逃さないために!
飛行機撮影の第一人者、ルーク・オザワ氏が語るANAカレンダー撮影秘話

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2017/9/19 UPDATE

旅先での思い出を切り取ることができる“写真”。今やカメラなしで旅行に出かける人は少ないのではないでしょうか。しかし、いざ美しい光景や絶好のスポットを前にしても、なかなか自分が思い描いているような写真が撮れずに、難しさを感じている人はいませんか?

そこで今回は、飛行機撮影の第一人者であるルーク・オザワ氏にインタビュー!「一生の思い出になる写真」を撮るためのヒントや、2018年ANAカレンダーの撮影秘話をお聞きしました。



「天候」「時間」「光」などの自然のタイミングでも写りは変わる

旅先で、せっかく“絶好の撮影ポイント”と言われているところに出向いたのに、なかなか思うような写真が撮れず悔しい思いをしたことがある人はいませんか?その場所に行けば、いとも簡単に写真集のような写真が撮れると思いきや、現実はそんなに甘くはありません。ルークさんによると、その日の天気や時間、光の具合でも、撮れる写真の表情はまったく違うものになるそう。

「僕も、飛行機を撮影しようと思い空港に出向いても、思ったような天候や景色に出会えない場合がよくあります。そんな時は空港周辺をとにかく歩き回って、これまでとは違うスポットがないかを探します」

こうして自らの足で新たに開拓した場所で、思いがけず奇跡の1枚に繋がったこともあるのだとか!うまく撮れないなと思ったら、少し視野を広げて、どこか他によさそうなスポットがないか、周囲を見渡してみるといいかも知れませんね。ちょっと立ち位置を変えたり、角度を変えてみたりするだけでも、思いがけぬ瞬間に出会えるかも知れませんよ。


  • オーロラ・富士山・桜…旅先でのシャッターチャンスを逃さないために!飛行機撮影の第一人者、ルーク・オザワ氏が語るANAカレンダー撮影秘話



9日間ずっと空模様を見続けた「桜」の写真

このように、同じ場所であっても、天候や時間、光といった自然の絡みによって毎回表情が変わってくる写真。飛行機撮影に至っては、この自然のタイミングに、機種や行き先と言った“飛行機のタイミング”も掛け合わされ、より難しくなると言います。

「“2018年版 ANAカレンダー「フライトカレンダー小型カレンダー付」”に使用される“桜と飛行機”の写真は、本当に大変でした。ひとえに“桜と飛行機”と言っても、“離陸と桜”“着陸と桜”など条件に合わせて(同じ空港内でも)いくつも撮影スポットがあるんです。ですから、天候や時間、飛行機の発着状況を見ながらその時々の絶好のスポットへ猛ダッシュ!カメラを構える、なんてこともあります。

飛行機は風の向きによって離着陸方向が変わりますし、行き先や機種によっての離陸機の角度が変わってきます。一度よい写真が撮れたからと言って、また同じ場所に戻っても、もう二度と同じ写真は撮れないんです。このカットは、出会えるまでに実に9日間を要しました」

まさに写真は一期一会。シャッターチャンスを待つだけではなく、自らシャッターチャンスを探しに行くという気持ちも、必要なのかも知れませんね。



  • オーロラ・富士山・桜…旅先でのシャッターチャンスを逃さないために!飛行機撮影の第一人者、ルーク・オザワ氏が語るANAカレンダー撮影秘話



ANAカレンダー初!6時間外を見続けて収めたオーロラ写真


2018年のANAカレンダーで注目したいのが、「ANA機窓カレンダー」に収録予定のオーロラ写真です。北極圏を通る路線は限られている上に、エンジンや翼を入れた座席はわずか1、2席。さらに搭乗してからも、機内の明るさに目が慣れてオーロラを見過ごさないように、日が暮れてからはずっと暗い窓の外を見ていたというルークさん。

「オーロラって、想像以上に暗いんです。白っぽくて、一瞬、雲!?と思ってしまうほどの薄さなので、機内の明るさに慣れてしまうと、まったく見えなくなってしまいます。ですから、オーロラが出るまでの6時間、ずっと目の周りを手で覆って待ちました。

ようやくオーロラが出てきて、ここからが勝負です。シャッター速度は3秒まで遅くしました。三脚は使えませんから「パ……シャッ」という3秒の間に手元がブレたり、機体自体が揺れたりしたらやり直しです。肘を肘掛けに固定して、2時間撮り続けました。幸運にも長い時間オーロラが出続けてくれたので、よいものが撮れました。天候次第では、オーロラが出なかったかも知れない中、本当に様々なタイミングがぴたりと合った、奇跡のカットです。ぜひ見てほしいですね」

  • オーロラ・富士山・桜…旅先でのシャッターチャンスを逃さないために!飛行機撮影の第一人者、ルーク・オザワ氏が語るANAカレンダー撮影秘話



すべての写真に物語があり、すべての写真が一期一会で、奇跡


ルークさんのお話をお伺いし、写真とは、本当にあらゆるタイミングが絶妙に重なり合った奇跡なのだということを強く感じました。そんなルークさんの捉えた写真が収録されたカレンダーは、どんなポイントで写真を選んでいるのでしょうか。

「それは“季節感”です。カレンダーは「掲載月」の季節感をしっかり表現できているかを意識しています。春夏秋冬がある日本だからこそ、その美しさを伝えられる写真を「カレンダー用」として撮影しています。また、バリエーションに富んだANAの機体を楽しんで欲しいと思うので」

春夏秋冬の美しさと、世界中に夢を運ぶANA機のコラボレーションが楽しめる「フライトミニカレンダー」をはじめ、幻想的な空港夜景に出会える「Twilight Airport」、コックピットから広がる絶景「VIEW FROM THE COCKPIT」など、ルークさんによるカレンダーは種類も豊富。ぜひあなたも、“奇跡”が織り重なって生まれた、特別なカレンダーとともに、2018年を過ごしてみてはいかがですか?






多彩な魅力!2018年ANAカレンダーは他にも多数発売中

  • 2018年版 ANAカレンダー「フライトカレンダー小型カレンダー付」

    フライトカレンダー小型カレンダー付

    お部屋の壁もデスクも彩ることができる、壮大な風景。

    商品はこちら
  • Welcome Aboard

    Welcome
    Aboard

    旅情感あふれる写真が詰まった動画と音声のAR機能搭載。

    商品はこちら
  • 卓上メモカレンダー

    卓上メモ
    カレンダー

    迫力たっぷりの写真を楽しみながらスケジュール管理。

    商品はこちら
  • スーパーフライトカレンダー特大版

    スーパーフライト
    カレンダー特大版

    特大サイズカレンダーでインパクトたっぷり

    商品はこちら
  • VIEW FROM THE COCKPIT

    VIEW FROM THE COCKPIT

    コックピットから広がる前方180度の絶景。

    商品はこちら
  • Twilight Airport

    Twilight  Airport 

    色鮮やかな灯りの演出を楽しむ、幻想的でドラマチックな空港夜景。
    商品はこちら
  • 卓上絵はがきカレンダー

    卓上絵はがき
    カレンダー

    ポストカードとしても◎月ごとに色々なANA機の勇姿が楽しめる。
    商品はこちら
  • 機窓カレンダー

    機窓カレンダー

    ANA機の機窓から空撮した美しいカレンダー。

    商品はこちら
  • 卓上カレンダーセット

    卓上カレンダー
    セット

    絵はがきタイプとメモタイプの卓上カレンダーセット。
    商品はこちら
  • Welcome Aboard+卓上カレンダーセット

    Welcome Aboard+卓上カレンダーセット

    今年からの新セット!人気の2つがセットでお得!
    商品はこちら
  • グラフィックギャラリー特大版

    グラフィックギャラリー特大版

    世界各国の風景がダイナミックな特大版で楽しめる。 商品はこちら
  • ワンダーアースカレンダー

    ワンダーアース
    カレンダー

    地球の神秘を丸ごと楽しむ!奇跡のような光景の数々。 商品はこちら




※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もある旨、予めご了承ください。







合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE