ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > 【ANA STORE 旅テクファイル!vol.37】旅先で買い足すもの・サヨナラするもの

【ANA STORE 旅テクファイル!vol.37】旅先で買い足すもの・サヨナラするもの

【ANA STORE 旅テクファイル!vol.37】
旅先で買い足すもの・サヨナラするもの

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2018/1/22 UPDATE

現地で買おうと思っていたものが気に入ったものがなくて買えなかったり、買おうと思っていなかったけれど、思いがけず気に入ったものが見つかったり、街で偶然見つけた可愛いお土産を誰かに買って帰りたくなったり。
旅の間は、予期しないことが起こりやすいもの。それによって、荷物の量が変わるのも見越しておきたいですよね。

今回は、旅の荷物の調整をするために、現地に行ったら「買い足すもの」現地で「サヨナラするもの」をご紹介します。





旅先でサヨナラするもの

旅行は身の回りの「ものの整理」をする良い機会だと私は考えます。しばらく所持しているけれど、最近あまり使っていないかも?と思うアイテムを整理しながら、あえて旅に持ち出して、現地に着いてみて、使いたいと思うか、それともやっぱり使わないと思うかで、自分の中の価値観も研ぎ澄まされるような気がします。

要らないと判断したものに関しては、最後に使い納めしてサヨナラするのです。旅に出る時のパッキングのタイミングで、現地でサヨナラするかもしれないアイテムと、その国ならではの買い足したいアイテムをだいたい決めて行きます。


 その1 下着

お気に入りやおNEWのものではなく、古くなり普段はあまり使わなくなってきた下着をあえて持って行きます。長期滞在でも、ランドリーが備わった環境なら洗って着回せるので最低限に。

ランドリーがない場合は滞在日数と同じ枚数を持って行き、1枚ずつサヨナラしていきます。捨てるのに少し抵抗があるかもしれませんが、黒いビニール袋などに入れて中身が見えないようにして客室のゴミ箱に捨てるのがベターです。




 その2 衣類

下着と同様に、使い込んだ衣類や、買ったけれどあまり気に入らなかった衣類こそ、旅先での出番です。
衝動買いしたけれど実用性のないシャツ、サイズがフィットしなくて出番のないボトムス、日本ではなかなか着られない派手な色やデザインのワンピースなどは、あえて旅先に持ち込んで挑戦してみましょう。

たとえ日常生活でなかなか登場するシーンがなかったとしても、意外と海外ならその街に溶け込んだり写真映えしたり、その服の新たな魅力が見いだせるかも?

一度着てインパクトが強すぎるアイテムは、滞在中にたくさん着て写真に納めた末、現地の友人に譲ることで、喜ばれることもあります。国によってはリサイクルやリユース文化が盛んなエリアもあるので事前に調べてみると良いでしょう。



  • 衣類
Photo by Watanabe Yuko



 その3 コスメ

中途半端に残ってしまった化粧水や、デイリーユースするほどでもないアイシャドーなどが自宅のドレッサーで行き場をなくしていたりしませんか?今こそ旅先で活躍するチャンス!

スキンケア用品やメイキャップ道具は毎日使い慣れているものが安心、という人も多いと思いますが、とりわけ敏感肌でなければ旅先で冒険してみるのもアリです。

  • コスメ
Photo by Watanabe Yuko



 その4 邪念や雑念

これはものとはちょっと違いますが、私はヨガインストラクターをしているので、ヨガやマインドフルネスによって、心を落ち着かせる習慣があります。

旅先では大自然や異文化に触れることで、五感を研ぎ澄まし、日常生活の中で抱かれる邪念や雑念、不安や煩悩、そこから生まれるストレスを全て捨て去り、旅先でリセットして帰ってきます。

  • 邪念や雑念
Photo by Watanabe Yuko


  • 邪念や雑念
Photo by Watanabe Yuko






旅先で買い足すもの



買い足したいアイテムは、日本ではなかなか手に入らないレアなアイテムや、日本の価格の半分くらいで買えるセール品などが多いです。帰りに荷物が増えても大丈夫なように、行きのパッキング時にはスーツケースの1/3くらいは空けていくように荷造りしています。




 その1 ヨガウェア

職業柄、旅先に必ず持って行くトレーニンググッズ。特にヨガウェアはブラトップ、トップス、レギンスなどをそれぞれ2セットくらい用意して、新旧入れ替えをします。

海外、特にアメリカはヨガカルチャーが根付いていることから、ヨガウェアブランドが多く、日本よりも安く手に入るので、ここぞとばかりに買い貯めします。
お気に入りはlululemon、LORNA JANE、avocadoなど。



  • ヨガウェア
Photo by Watanabe Yuko



 その2 水着

ビーチリゾートに限らず、プールが併設されているホテルが多いので水着は必須。アメリカ圏ならVicrtoria’s Secretなどの王道ブランドをチェック!
リゾート地や東南アジアのマーケットなどでも可愛い水着が驚きの価格で並んでいることが多いので、常に目を光らせています。普段着られないような大胆なデザインの水着も海外マジックということで挑戦するようにしています。



  • 水着
Photo by Watanabe Yuko



 その3 食料品やエコバック

インターネットの普及により、自国にいながらにして世界中のものが手に入るようになりましたが、それでも現地の方がお手頃価格で購入できるので、デパートやスーパーマーケットに足を運びます。

アメリカ発のハリウッドセレブも御用達スーパーTrader Joe’sでは、グラインダー付きの調味料、パンケーキミックス、ココナッツオイル、チアシードなどのスーパーフードを決まって買い足します。同じくアメリカ発のオーガニックスーパーWhole Foodsではグラノーラ、コーヒー豆、エコバッグをよく買います。



  • 食料品やエコバック
Photo by Watanabe Yuko



いかがでしたか?

旅を楽しむには、荷物の量のコントロールは意外と大切です。帰りに重量オーバーで余計な出費が増えたり、欲しかったものを泣く泣く諦めたり、逆に、買うつもりで日本から持ってこなかったものが現地で気に入ったものがなく、渋々買うなんてことは避けたいですね。
そうならないよう、荷物量の管理は行く前から考えておくと、さらに旅が楽しめると思いますよ。




※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もある旨、予めご了承ください。






  • profile

渡辺 由布子


profile

17歳から読者モデルとして「Vivi」「JJ」「non-no」など多数女性誌に出演。MBS/TBSラジオパーソナリティとして出演。大学卒業後、化粧品会社勤務を経て、ヨガインストラクターを務める傍ら、トラベルライターとして世界中を飛び回る。過去渡航した国は40か国以上。現在は拠点をロサンゼルスに移し、東京都行き来してデュアルライフを来る。恵比寿と中目黒のヨガスタジオで定期的にクラスを開講中。

ブログ「Life is a Journey」TwitterInstagram




快適な旅行を助けるトラベルグッズ&バッグ♪


  • 口を開けたまま自立して便利

    口を開けたまま自立して便利

    底面がクッション素材でしっかりした作りなので、化粧ポーチなどにとても便利!

    詳しくはこちら
  • 考え抜かれたパッキングケース

    考え抜かれたパッキングケース

    内側にcleanとlaundryと記載された二重構造が便利。旅をより快適にサポートできるアイテム。

    詳しくはこちら
  • 吊るして使えるフック付き

    吊るして使えるフック付き

    フックで取っ手や壁に掛けて使えるバスルームポーチ。物を入れてないときは、小さく折り畳む事ができる。
    詳しくはこちら
  • 絶妙サイズが嬉しいポーチ

    絶妙サイズが嬉しいポーチ

    バッグの中が華やぐ、使い勝手の良い万能ポーチ。小さなボトル類なども立てて収納できる。 詳しくはこちら
  • 旅の必需品をひとまとめ

    旅の必需品をひとまとめ

    軽量なポリエステル素材で、パスポートや航空券、カード類など旅の必需品をひとまとめにできる♪
    詳しくはこちら
  • 軽量で収納たっぷり!

    軽量で収納たっぷり!

    軽量タイプで収納性に優れ、旅行・タウンに最適なバッグ。大きめのキルティング加工が可愛い。
    詳しくはこちら







オススメショップ

▼トラベル用品を買ってマイルを貯めよう♪おすすめグッズが見つかるショップ


「ANA STORE 旅テクファイル!」記事一覧

合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE