ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > パッキングが苦手な人も必見!短期出張に便利なキャリーケースとは?

パッキングが苦手な人も必見!短期出張に便利なキャリーケースとは?

【大人のカバンJOURNAL vol.8】
パッキングが苦手な人も必見!短期出張に便利なキャリーケースとは?

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2018/03/05 UPDATE

出張の準備で面倒なのが、キャリーケースのパッキング。なかなかうまくできない上、出張先で開いたら中がぐちゃぐちゃ……。そんな経験がある人もいるのではないでしょうか。特に1~2泊程度の短期出張では小さめのキャリーケースになるので、より荷物をまとめる能力が求められますよね。

正直パッキングは苦手だけど、パソコンや書類をさっと取り出せるデキるビジネスマンに憧れる……。それなら、外ポケットが充実していたり、フロント部分が開閉できたりするキャリーケースを使ってみませんか?パッキング上手になれるオーガナイザーとあわせて紹介します。



ポケットが大きく取り出しやすい!「ハードケース型」

  • ポケットが大きく取り出しやすい!「ハードケース型」


ほしいものを取り出すためにキャリーケース全体を開ける必要があり、なかなか見つからずあたふた、焦っているうちにパッキングはぐちゃぐちゃ……。そんなストレスを解消してくれるのが、フロントポケットや内部へアクセスできる機能を搭載したキャリーケースの魅力。これによって、パソコンや書類などの必要なものに素早くアクセスできます。

そんな便利なキャリーケースですが、その構造にはいくつかのタイプがあります。例外も多いですが、そのタイプはハードケースか、ソフトケースかによって分けることができます。

まずハードケースの場合、外側に大きなポケットが一つあり、その中に小さなポケットがたくさんあるものが主流。ポケットの口が大きいため、パソコンや書類を出し入れしやすいのが特徴です。さらに、中にはこのフロントポケットから直接内部までアクセス可能な便利なキャリーケースも。「いつ何が必要になるかわからない!」という人におすすめです。




機内持ち込み対応! コンパクトかつフロントポケット付きのハードケース型




小さなポケットが充実で、使い方自在!「ソフトケース型」



一方、ソフトケースの場合は外側に複数のポケットが付いているものが多い傾向があります。大小様々なポケットがついているため、使い方も多彩で、小さなポケットのため中を見られることもなく、プライバシーの面でも安心。小物をすっきりまとめたい人、頻繁に取り出したりしまったりする機会がある人におすすめです。

中にはパソコンやタブレットの収納ポケットはクッション素材になっていたり、折り畳み傘やペットボトルを入れられる縦長ポケットは防水仕様になっていたりと、工夫が凝らされたものもあります。ビジネスブリーフに近いデザインのものもあるので、荷物をコンパクトにまとめられる出張慣れしたビジネスマンはソフトキャリー一つで出張に行くのも手。これまで以上に身軽に、ストレスフリーに行動できちゃいます。




ポケット充実、これ一つで出張もOK!なソフトケース型




どんな人もパッキング上手に!「オーガナイザー」

  • どんな人もパッキング上手に!「オーガナイザー」


パッキングをもっと便利に、スマートにしたいなら欠かせないのが「オーガナイザー」。小物などの荷物を簡単にまとめることができ、洋服を型崩れせずに収納できるのもポイントです。

荷物の種類ごとに異なるオーガナイザーを使えば、必要なものを取り出す時に見つけやすく、さらに帰宅後の荷解きも便利に!テンションが上がるポップなデザインのアイテムや、バスルームにそのまま吊るせるものなど種類も豊富なので、ぜひ自分に合ったものを見つけてみてくださいね。




スマートなパッキングの必殺アイテムいろいろ





短期出張にぴったりのアイテム勢ぞろい!マイルもたまるANAのバッグ特集

  • 機内持ち込み可能!短期出張向けキャリーケース特集
  • 機内持ち込み可能!短期出張向けキャリーケース特集

  • ANAショッピングA-styleのキャリーケース特集
  • ANAショッピングA-styleのキャリーケース特集



短期出張こそ、身軽に、スマートに行きたいもの。
ぜひ参考にしてみてくださいね!




※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もある旨、予めご了承ください。

オススメショップ

▼短期出張におすすめのキャリーケースを探すならこちら






合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE