ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > 職人の技が光る!伝統工芸品ウェブストアWAYOがオープン

職人の技が光る!伝統工芸品ウェブストアWAYOがオープン

職人の技が光る!伝統工芸品ウェブストアWAYOがオープン

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2018/3/5 UPDATE

繊細なおもてなしの精神、四季の豊かな風土、人から人へと伝えられてきた様式美。日本人の感性は、これらを大切にすることで育まれてきました。その感性は、私たちの生活の中では薄れつつあるかもしれません。しかし、職人や作家が作り出す工芸品には、今も色濃く宿っています。

2018年、そんなモノと職人に光を当てたショップ「WAYO」がオープンしました。近代化の波の中、伝統を守りながら発達してきた日本の工芸品を、世界に、未来に広げていきたい。ここでは、そんな思いを持ったWAYOの魅力をご紹介します!


日本の感性を大事にした匠の逸品を知る・買えるショップ

「WAYO」とは「和の様式」のこと。日本の風土・文化の中で培われてきた感性を大切にした、一点ものの作品や生活雑貨を販売しています。

WAYOには「STORY」と「SHOP」の二つのカテゴリがあり、STORYではデザイナー、木工藝家、刀匠など、高い技術を有する日本の職人の哲学を知ることができるインタビューを掲載。SHOPでは「和モダン」をテーマに、現代の日本の生活に寄り添ったさまざまな食器や生活雑貨を購入できます。革新的な作家の人生を知り、そして私たちの人生を豊かにするものを実際に買うことができるショップなんです。


  • 日本の感性を大事にした匠の逸品を知る・買えるショップ




職人の物語を知り、一点ものの作品を手にできる

それぞれのカテゴリについて、もう少し詳しく見てみましょう。まずは職人の物語を知る「STORY」。たとえば、木工藝家の須田賢司さんの回では、祖父の代から3代続く木工藝の系譜に生まれた須田さんが、少年時代から現在にいたるまでを振り返り、木工藝について、また日本の伝統工芸について自らの思いを語っています。2014年に重要無形文化財「木工藝」保持者(人間国宝)にも指定された須田さんの哲学が、凛とした空気が漂う写真とともに綴られています。



  • 職人の物語を知り、一点ものの作品を手にできる


職人の物語を知るだけでなく、実際に彼らの手で生み出された作品を購入できるのもWAYOの特徴。通常のネットでの買い物と違い、注文確定までにいくつかのステップがありますが、その方法はSTORY記事の末尾に詳細なフローが掲載されています。そこにあるのは作家の哲学を信頼し、一点ものの美術品を購入するようなやりとり。じっくりと吟味し、作品を買うという時間も含めて楽しんでみてくださいね。



  • 職人の物語を知り、一点ものの作品を手にできる



暮らしにすっと馴染む生活雑貨や小物が豊富

WAYOの「SHOP」でも、優れた日本の逸品を多数取り扱っています。食卓を彩る食器やお部屋を彩るインテリア、贈り物にもぴったりな小物。ここでは、数あるアイテムの中からその一部をご紹介しましょう。




五感が研ぎ澄まされるアイテムで、豊かな時間を(女性の方へ)

一つ一つ丁寧に作られた作品は、周りにあるものを変えるような独特の空気を放ちます。自分の作った料理を美しいお皿に盛ってみたり、細やかな装飾が施されたアクセサリーを身につけたりすると、五感が研ぎ澄まされるような、背筋が伸びるような気持ちになれるはず。そんな豊かな時間を送りたい女性には、こんなアイテムはいかがでしょうか。



    • Studio GALAの方形皿
    • Studio GALAの方形皿

      硯のような表情ある黒色が、料理を引き立たせる

      角度や光の加減で印象が変わる玄昌石に、モダンな金銀の蒔絵を施したスクエアプレート。シンプルかつ洗練された器は、どんな料理でも引き立たせてくれます。食卓はもちろん、独特な存在感はインテリアにもおすすめ。
      商品はこちら
    • KARAFURUの蒔絵ピアス
    • KARAFURUの蒔絵ピアス

      緻密な蒔絵が醸し出す、知的で上品な雰囲気

      大粒の淡水パールに、京漆器の蒔絵師が一つ一つ彩色を施したピアス。麻の葉や菊など、描かれているのはどれも伝統的な和柄ですが、幾何学的でグラフィカルなため印象が重くなりません。自分好みの文様を見つけてみては。
      商品はこちら
    • 江崎べっ甲店の本べっ甲ペンダント
    • 江崎べっ甲店の本べっ甲ペンダント

      しずく型のペンダントが胸元を上品に演出

      あめ色に茶・黒の斑点模様というイメージのあるべっ甲細工は、黄色部分が多いほど上物とされ、特にあめ色一色のものは価値が高いとされています。そんな美しいあめ色一色のべっ甲を、人気のしずく型にカットしたペンダントです。
      商品はこちら
    • 遊禅庵の長財布
    • 遊禅庵の長財布

      和柄でありながらどんな服装にもマッチ

      友禅染の伝統技術と皮革染色の新技術との出会いから生まれた長財布。京友禅の匠が手作業で染めつけた柄は、和風の鱗柄でありながらスタイリッシュな印象。どんなファッションにも合わせやすく、収納性、取り出しやすさもばっちりです。
      商品はこちら


受け継がれてきた知恵と技術を、日常の中に(男性の方へ)

長い歴史を持つ伝統技術には、それが続いてきた理由があるもの。たとえば、古くから活用されてきた鹿革素材で作られた名刺入れ。人の手になじむようなフォルムを受け継いできた汁椀。変わっていくものと変わらないものに思いを馳せながら、そんな実用的な視点で買い物を楽しんでみるといいかもしれません。



    • 印傳屋の名刺入
    • 印傳屋の名刺入

      武具に使われていた素材・技法を名刺入れに

      古くから武具や被服に使われてきた鹿革素材に、「印傳」という熟練の職人の技法を施した名刺入れ。丈夫で柔らかな感触は人肌にもっとも近いとされ、使い込むほど手に馴染みます。日本の四季を表現した文様も、幅広い年代が使いやすいデザインです。
      商品はこちら
    • 大崎漆器店の猪口
    • 大崎漆器店の猪口

      和を重んじながらモダンな雰囲気の猪口

      輪島塗の口当たりの良い猪口は、日本酒を飲むのにぴったり。シンプルかつ洗練されたフォルムに、「本朱」と「溜」の2種類の色を展開。モダンでありながら日本的な情緒を感じさせる逸品です。
      商品はこちら
    • 能作のビアカップ
    • 能作のビアカップ

      飲み口をまろやかにする錫を使ったビアカップ

      古くから酒器や茶器に使われてきた錫は、イオン効果が高く、水を浄化し飲み物をまろやかにするといわれています。純度100パーセントの錫を使った本錫のビアカップで、まろやかな味わいを楽しんてみてください。
      商品はこちら
    • 輪島キリモトの弁当箱
    • 輪島キリモトの弁当箱

      美しい木目が食事をさらに楽しく、おいしく

      清々しい香りを放つヒノキアスナロを使ったお弁当箱。表面にはガラス塗料が塗られ、汚れがつきにくくなっています。お弁当としてだけでなく、晩酌時のおつまみを入れる器としても絵になります。
      商品はこちら
    • 堀口切子のぐい呑
    • 堀口切子のぐい呑

      傾けるたび美しく表情を変える江戸切子

      万華鏡のように広がる模様と、手に持つたびに光を通して印象が変わる姿が美しい江戸切子。ぐい呑みやそば猪口など、バリエーションも豊富。色も多数揃えているので、お気に入りを探してみてはいかがでしょうか。
      商品はこちら

海外の方にも喜ばれる!ちょっとした贈り物

WAYOでは、ちょっとした贈り物にもぴったりなお手頃の商品も豊富に取り揃えています。日本各地の伝統技術を使った小物を、その土地にゆかりのある人に贈ってもいいですし、海外の方へのプレゼントにも喜ばれそうです。さらにWAYOのショップでは買い物時にマイルが貯まる、使えるので、余ったマイルを使いたいという方にもおすすめです。


    • 桂樹舎のはがき箱
    • 桂樹舎のはがき箱

      富山県の伝統技術を活かしたポップな箱

      字を書くためではなく、富山県の薬売りが使う鞄などに使用されていた、耐久性の高い八尾和紙を使って箱を作りました。ハガキサイズを収納でき、小物入れやアクセサリー入れなど、幅広い用途で使える大きさです。
      商品はこちら
    • 永峰製磁の波佐見焼小皿
    • 永峰製磁の波佐見焼小皿

      すっきりとした白磁が目を引く波佐見焼

      すっきりとした波佐見焼の丸皿に、日本の伝統的な文様をあしらった小皿。子孫繁栄を意味する唐草、魔除けの意味を持つ矢羽など、その意味合いに合わせて選んでみるのもおすすめです。
      商品はこちら
    • 桂樹舎の苗字封筒
    • 桂樹舎の苗字封筒

      日本人の苗字を茶目っ気たっぷりにデザイン

      木村、伊藤、小林など、日本人に多い苗字をグラフィカルにあしらった洋封筒。一見それとはわからないポップなデザインで、楽しく自己主張ができちゃいます。自分の苗字があるか探してみては?
      商品はこちら
    • 我戸幹男商店の一汁三菜椀
    • 我戸幹男商店の一汁三菜椀

      山中漆器の伝統の技術と、現代デザインの融合

      熟練の職人により極限まで薄く挽かれたモダンな装いの山中漆器。使い勝手の良いサイズで、6つの器が収納時にはひとつにまとまるのも魅力的。使うほどに馴染んでくる木製食器の温かみを楽しんで。
      商品はこちら
    • 大内工芸の夫婦箸
    • 大内工芸の夫婦箸

      男性用、女性用がペアになった夫婦箸

      竹を使い、しなやかな丸みが使い込むほどに手になじむ高級箸です。男性用、女性用がペアになった夫婦箸で、男性用のほうが少し長くなっています。結婚祝いなど、プレゼントとしてもおすすめです。
      商品はこちら


今後もさまざまな職人・アイテムが登場予定

  • 今後もさまざまな職人・アイテムが登場予定


ここで紹介した以外にも、SHOPではさまざまな商品を取り揃えているほか、職人のSTORYも随時更新予定です。さらに、WAYOではマイルを使ったり、貯めたりできるので、旅行とあわせてサイトをチェックしてみるといいかもしれません。

ANAの新サイト「WAYO」はまだはじまったばかり。ぜひ、あなたがまだ知らない日本の逸品に出会ってみてくださいね!




※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もある旨、予めご了承ください。



合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE