ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > 「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査

「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査【Vol.7:パッキングアイテム編】

「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査
【Vol.7:パッキングアイテム編】

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2018/5/21 UPDATE

旅や出張は楽しみだけど、その前のパッキングがとにかく苦手……。そんな人は多いのではないでしょうか?そんなパッキングを便利にしてくれるのが、数々の収納ケース。これをうまく使いこなすことは、パッキング上達への近道といえるでしょう。

旅に慣れている人たちは、こうしたパッキングアイテムにもこだわっています。彼らはどんな観点で選び、どんな風に使っているのでしょう?それぞれにこだわりや、自分流のパッキング術を語ってもらいました。



今回の旅好きメンバー


  • Akaneさん
  • Akaneさん

    旅するフリーランスイラストレーター、デザイナー、写真家。海外生活歴は5年以上。現在ブログ・SNSにて海外ノマド生活を発信中。
    Blog「Wandering bee」
  • カナモさん
  • カナモさん

    登山やキャンプから無人島サバイバルまで、アウトドアをこよなく愛する自称「世捨てびと」。サバイバルインストラクターとしても活動中。
    Blog「世捨て人「カナモ」」

  • ヌーさん
  • ヌーさん

    月間最高60万PVのブログ「すっきり、さっぱり。」を運営するアラフォー主婦。ミニマルで自由なくらしと旅について発信中。
    Blog「すっきり、さっぱり。」
  • モチヅキ アヤノさん
  • モチヅキ アヤノさん

    旅・美容ライター兼ブロガー。旅先は東南アジアと北欧が多め。ローカルフードとビールに目がない。最近は空港ラウンジ巡りにも夢中。
    Blog「Stay Simple and Rich」






【セレクト理由1】とにかく軽さを重視!


ヌーさん

学生時代からバックパック一つで行く一人旅が好きで、身軽に動くために荷物はとにかくコンパクトにしてるんです。

Akaneさん

私も現在海外ノマド中なので、わかります。荷物が多くてまとまっていないと、それだけで疲れそうですよね。

ヌーさん

荷物をまとめるのにパッキングアイテムは大切だけど、それ自体が重いと、せっかく荷物をミニマムにしたアドバンテージが消えてしまいます。だから軽さを重視していて、OGAWANDの「Round Stuff」を使ってます。

Akaneさん

重さはたったの11グラムなんですね!形も使いやすそう。

ヌーさん

軽いけどすごく丈夫なんですよ。きっちりと詰め込むのではなく、どんなものでも入れられるので、荷物の管理が楽なのもポイント。底が楕円形で、バックパックの中で背中に沿うように荷物が積み上がるのも快適です。



  • 【セレクト理由1】とにかく軽さを重視!01
  • 【セレクト理由1】とにかく軽さを重視!02

▲ヌーさん愛用のOGAWAND「Round Stuff」。楕円形の底が、パッキングしやすさのポイント
Photo by ヌー



軽さでパッキングアイテムを選ぶなら、こちらをチェック!





【セレクト理由2】どこに何を入れたか、自分ルールでわかるように

Akaneさん

私は立方体の収納ケースを使って、キャリーケースをパズルのように埋めていくんです。アイテムによって、大きさも使い分けています。

ヌーさん

色や大きさがばらばらのほうが、何が入っているか記憶しやすいですもんね。

Akaneさん

お風呂やスキンケア用品は耐水のビニールケース、肌着や生活用品はメッシュボックス……と、旅をする中で自分ルールが決まってきましたね。事前に決めておくと、効率的にパッキングできると思います。

モチヅキさん

どこに何を入れたかすぐにわかるのは重要ですね。私は洗面用具や基礎化粧品のパッキングは、ポケットがメッシュになっているP.KU.DVSLのフック付き防水ポーチを使ってます。フックがついているので、洗面所に引っかけておけるのも便利です。

Akaneさん

なるほど!私はコスメグッズは無印良品の取り出しやすいガマ口のメッシュケースを使っていますね。あとはイヤホンや充電コードを絡まることなく収納できる丸型のケースなど、色々使っています。色んな形があるので、使用用途にぴったりのものを探してみるといいのではないでしょうか。



  • 【セレクト理由2】どこに何を入れたか、自分ルールでわかるように

▲モチヅキさん愛用、P.KU.DVSLのフック付き防水ポーチ。中がメッシュで、どこに何が入っているかが一目でわかる
Photo by モチヅキ アヤノ


  • 【セレクト理由2】どこに何を入れたか、自分ルールでわかるように

▲Akaneさんの電子機器類のパッキング。これらをケースの中に収納している。自分ルールを決めておくと、こまごましたアイテムもすっきり、どこに入れたかわからなくなることなく収納できる
Photo by Akane



自分ルールで使いやすいアイテムを見つけよう






【セレクト理由3】防水性で、急な雨から荷物を守る!

カナモさん

僕がおすすめしたいのは「ドライバッグ」。もともと登山などのアウトドアが好きで、そこで衣類を濡らさず持ち運ぶために買ったものなのですが、旅行や出張にもオススメのアイテムなんです。

ヌーさん

私もSea to summitのドライバッグをつかっていますよ。パソコンが壊れたり、洋服が着られなくなったり……荷物の水濡れのリスクは大きいですもんね。

カナモさん

男性の場合、シェーバーなどの小型電子機器を持ち歩くことも多いですからね。以前東南アジアでスコールを体験した時は、傘でもまったく防げなかったですし、急な雨から荷物を守るためにも防水性は意識したいです。



電子機器や衣類を守る!防水機能で選ぶならコレ



【セレクト理由4】かさばる衣類は圧縮して収納!

カナモさん

ドライバッグが優秀な理由はもう一つあって、それは空気を抜きながらパッキングすると、衣類をコンパクトにできること。

モチヅキさん

衣類圧縮袋としても使えるんですね!

カナモさん

その通り!

モチヅキさん

私は今は普通の衣類圧縮袋を使っているんです。だいたいセーターなら2枚、Tシャツなら3枚入る程度の大きさが使い勝手がいいですね。洗濯物や衣類の種類で袋を分けたり、旅先で買ったお酒や香水を万一の時に備えて入れて液漏れ対策にしたり、なんでも使っていますよ。



掃除機不要! 衣類をコンパクトに圧縮して身軽に!





【セレクト理由5】衣類収納時に、柔軟剤シートをしのばせる


  • 【セレクト理由5】衣類収納時に、柔軟剤シートをしのばせる

▲柔軟剤を衣類のパッキング時に入れておくと、洋服がふんわりいい匂いに!
Photo by モチヅキ アヤノ




モチヅキさん

パッキングとは違うんですが、私は衣類をパッキングするときは一緒にアロマが楽しめる柔軟剤シートを入れているんです。

ヌーさん

へー、面白い!

モチヅキさん

「旅先で着用するのは良い香りのもの!」っていうこだわりなんです。使っているのはdownyの大容量パックです。

Akaneさん

シートを入れるだけならあまりかさばらないし、それで香りまで楽しめると旅行がもっと楽しくなりそうですね。




香りを楽しんで、旅先でさらに気分をアップ!





いかがでしたか?今回の“こだわり旅アイテム”では

パッキングアイテム自体も軽いもので、荷物を軽量化
どこに何を入れたかわかるよう、
   メッシュケースや複数のケースを使い分け

突然の雨でも安心の防水機能
かさばる衣類を圧縮できるもの
衣類を入れる際は柔軟剤シートで、香りも楽しむ!

といったこだわりが挙がりました。
これを参考に、ぜひ次回の旅のパッキングに役立ててみてくださいね!






※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もございます。
※当記事は個人の見解によるものです。当社が商品を推奨するものではありません。




オススメショップ

▼面倒な旅の準備を楽しくさせるアイテムが見つかるショップはこちら!




合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE