ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > <シンプルライフのすすめ>ミニマリスト男子・女子の「旅ルール」

ミニマリスト男子・女子の「旅ルール」Vol.7

<シンプルライフのすすめ>
ミニマリスト男子・女子の「旅ルール」Vol.7

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2018/6/11 UPDATE

最近、「ミニマリスト」という言葉が世間にだいぶ知られるようになってきました。ミニマリストの利点は、「モノ」を減らすことで、必然的に身の回りがシンプルになり、心に余裕が生まれ、「自分にとって本当に必要なモノ」を見極めた毎日を過ごすことができる点です。

そんな「本当に必要なもの」を見極めているミニマリストが、旅や出張にマストとしているものは何でしょうか?そのマストとしているコト・モノを参考にすれば、あなたにとっての「マスト」を見極めるヒントになるかもしれません。

今回登場いただいたのは、900日間の新婚旅行として世界一周旅行を実現した「タビワライフ」の大地さん、涼さんご夫妻。「世界中で暮らすような旅」を送るお二人の旅模様は、写真を見ているだけでワクワクする素敵なもの。そんな二人が思う「ミニマリストの旅ルール」とは?



なぜミニマリストになったのか?



  • なぜミニマリストになったのか?
Photo by TABIWALIFE


900日間の旅の中で、物理的に持ち運べる物の量が減り、物に対する考え方が変わっていったことがきっかけです。

僕たちは2015年6月から約2年半900日間の新婚旅行で世界一周の旅に出かけていました。当初は2人とも旅に慣れていなかったため、どんな物をどのくらい持って行けばいいのかわからず悩みました。

特に妻に比べて心配性だった僕は、とりあえず必要そうなもの、便利そうなもの、悩んだものは持っていこうと75リットルのバックパックいっぱいに荷物を詰め込んで旅立ちました。それでも、泣く泣く持って行くことを諦めたものもありました。

旅がスタートしてすぐにその重いバックパックを背負って移動することに苦痛を感じ始めました。そして、旅先で“いつか使うかもしれない”と思っていたものは3ヶ月経ってもバックパックの奥底にずっと眠ったままでした。




  • なぜミニマリストになったのか?_2
Photo by TABIWALIFE


いつ使うかもわからないものをこれからもずっと背負って旅をするのか?

そこから、バックパックの中身の答え合わせが始まりました。
必要だったもの、ほとんど使わなかったもの、量が多すぎたもの、少なすぎたものなど、実際に旅をすることでわかったことがたくさんありました。

少し軽くなったバックパックと普段使いのサブバックを背負って、夫婦で900日間の新婚旅行を終えて日本に帰ってきたときには、部屋にある荷物の多さに驚きました。

現在も、再び夫婦で旅に出かけているのですが、以前よりもさらに荷物の量は少なくなっています。




ミニマリストになって何が変わったか?



  • ミニマリストになって何が変わったか?
Photo by TABIWALIFE


物をあえて持たないという選択をすることで変わったことは大きく2つあります。

まず1つ目が、身軽になったことです。
これはバックパックの中身が少なくなって軽くなったということではなく、物を所有しないことで場所に囚われることがなくなり、フットワークが軽くなったという意味です。

フットワークが軽くなることで新しいことにも挑戦しやすくなり、新しい出会いも増えていきます。これからも「行きたい場所に、行きたい時に行ける」そんな身軽さは大切にしていきたいです。



  • ミニマリストになって何が変わったか?
Photo by TABIWALIFE


2つ目に、時間と心に余裕が生まれました。
バックパックに収まる量の物しか持っていないため、自分が持っている物、持っていない物を把握しそれがどこにあるのかもわかっています。そのため“物を探す”という時間がほとんどありません。

旅に出る前は家の中で「確かここにあった気がしたな」、仕事をしていてパソコンを開いては「あのデータどこに入ってるんだっけ?」と自分が持っている物を把握し切れていない状態でした。

また、物があれば便利かもしれませんが、同時に心配事も増えていきます。その物が壊れたり、盗まれたり、無くしたりというリスクを考えると、必要以上に物が身の周りにあることはストレスにも繋がってしまうと感じました。

このように物をあえて持たないという選択をすることで身軽になり、時間にも心にも余裕を持てるようになってきています。




旅や出張に行くときにルールにしていること



  • 旅や出張に行くときにルールにしていること
Photo by TABIWALIFE


ルールのようなものは特にありませんが、旅の中で「無理をしない」ということは意識しています。僕たちは長く旅を続けることで自分たちに合った旅のバランスが少しずつわかってきました。

それは旅する中での移動と滞在のバランスです。
数日間で新しい場所、新しい国と移動が続くと体はもちろん、インプットすることが多く頭も疲れてしまいます。

それよりは一箇所の滞在時間を長くして、ゆっくりと暮らしを感じられるような旅が自分たちに合っていることに気がつきました。
そのため、たくさんの国を訪れるということへのこだわりはなく、自分たちの心地よいペースで現在も旅を続けています。



  • 旅や出張に行くときにルールにしていること_2
Photo by TABIWALIFE


また、旅をしていると「ここに行ったらこれを観なくちゃ!これを食べなきゃ!」というお決まりみたいなものがよくあります。

でも自分たちがその時に興味を持たなければ、無理して行動することはありません。
当初はもったいないという気持ちも多少ありましたが、今は「興味が出たら、その時にまた行こう」と思っています。

このように僕たちは旅の中で「無理をしない」ということを意識しています。
楽しみを全て“与えられるもの”に委ねるのではなく、その時その場所で“自分たち自身が産み出すこと”の面白さ・楽しさを感じています。




ミニマリストとして欠かせない「マストなアイテム」は?



日常のマストアイテム



機能性とデザイン性が合わさった「ETHNOTEK」のバックパック

  • ミニマリストとして欠かせない「マストなアイテム」は?
Photo by TABIWALIFE


僕たちの日常のマストアイテムは、「ETHNOTEK」のバックパックです。
このETHNOTEKの良さは、バックパックとしての使いやすさ、丈夫さはもろちんですが、何よりも一番の魅力は、“スレッド”と呼ばれるフロントパネルを付け替えることができる点です!

この“スレッド”には世界各地の伝統的な織物が採用されており、その日の気分やファッションに合わせてバックパックを変化させることができます。
様々な使い道や機能があるバックパックも嬉しいですが、その物を持っているだけ、使うだけでテンションが上がる、ということも大切にしています。

今は長く旅を続けているため、アイテムに関しても「日常」と「旅」が一緒になりつつありますが、このETHNOTEKは背面にパソコンも収納することができるため、「日常」から「旅」まで全てのシーンで欠かせないアイテムとなっています。



ご購入でマイルを貯める
エスニック素材と機能性が合わさった「ETHNOTEK」
PC収納可能で、生活防水素材の機能型バックパック。好みのデザインを楽しめる遊び心もついて、幅広いシーンに長く使える一品です。

自分のお気に入りが見つかるかも?バックパック特集
旅をもっと快適に、楽しむために…自分のお気に入りを見つけて。出張・プライベート・日常使い…ライフスタイルに合わせたアイテムを選ぼう。




旅のマストアイテム



ハンカチに、マスク代わりに、プレゼントにも使える「手ぬぐい」

  • 旅のマストアイテム
Photo by TABIWALIFE


僕たちの旅のマストアイテムは「手ぬぐい」です。
手ぬぐいは活用方法がたくさんある上に、軽く、乾きやすくてとっても便利なんです。

ハンカチ代わりにしたり、首に巻いて日焼けを防止したり、口を押さえてマスク代わりにしたり、ちょっとしたものを包んだり…と本当に使えます。

また軽くて、乾きやすいというのも旅のアイテムとしては重要です。
バックパックに2、3枚押し込んでおけますし、使ったら洗ってちょっと干しておけばすぐに乾きます。

いくつか持っていって、もし使わなければ、旅先でお世話になった方へのプレゼントにもなるのでおすすめです。



ご購入でマイルを貯める
旅先で大活躍!便利なCHAORAS(チャオラス)の手ぬぐい
タビワライフのお二人が使用する「CHAORAS(チャオラス)」の手ぬぐい。少し長めに作られており、首に巻きやすいのが特徴。タオルよりぐっと軽く、使い勝手は抜群です。

手ぬぐいタオル えべすや
使い心地が良く、扱いやすい素材の手ぬぐいタオル。手間と時間を要する「着色抜染技法」という染色方法を用いるなど、伝統の技にもこだわりぬいた逸品です。





  • profile

  • 新婚旅行で世界一周の旅をする夫婦
    タビワライフ

    タビワライフ

    旅 × 笑 × 人生 をテーマに900日間「新婚旅行で世界一周」の旅に出かけた29歳同士の夫婦。世界中を2人で旅しながら、ケンカもたくさんしながら強くて優しい夫婦を目指している。現在も2人の旅は続き、「死ぬまで新婚旅行」を実践中!

    Blog「タビワライフ」 / Instagram / Voicy





    ※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
    ※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もございます。
    ※当記事は個人の見解によるものです。当社が商品を推奨するものではありません。

    オススメショップ

    ▼オススメなグッズが見つかるショップはこちら



    合わせて読みたい

    • facebookfacebook
    • twittertwitter
    • LINELINE