ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > 「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査

「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査Vol.10

「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査
【Vol.10:財布編】

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2018/10/22 UPDATE

日常生活と同様、旅行や出張先でも頻繁に使うことになる財布。海外ではお金事情や治安が日本の状況と違う場合もあり、「今使っている財布が本当にベストなのかな…」とふと考えたことがある人も多いのではないでしょうか。

旅慣れた人たちは、どんな財布を使っているのでしょう。聞いてみると、普段と使い分けている人、使い分けていない人、それぞれの視点から役立つポイントを話してもらいました。さっそくチェックしてみましょう!



今回の旅好きメンバー

  • ayaさん
  • ayaさん

    半年間の海外生活でミニマリストに目覚め、Instagramで「ラクに身軽に賢く暮らす」アイデアを発信中。海外旅行14カ国以上、整理収納アドバイザー、陸マイラー
    Instagram
  • 北川 勇介さん
  • 北川 勇介さん

    垣根のない生き方働きかたを目指す「BORDERLESS」代表。カンボジア人・観光客・在住者をつなぐコミュニティ「BASECAMP SIEMREAP」共同代表。元体育教師。リュック二個で生活しながら、小学校を建設したカンボジアを拠点に活動中。
    Blog「ストライクゾーン」 / Instagram







【セレクト理由1】防犯対策としての使い分け

東松さん

まずみなさん、日常的に使っている財布と海外旅行用の財布って使い分けていますか?

ayaさん

私は使い分ける派です。

藤井さん

私も使い分ける派。その上で、さらに行く国によって数種類を使い分けています。

北川さん

みんなマメだなあ。僕は普段使いも旅行・出張時も同じ財布です。

東松さん

すでにそれぞれのこだわりが見え始めていますね。僕も使い分ける派で、海外の旅行先には普段使いと旅行用の財布の2つを持っていくんです。

それで普段使いの財布から必要なぶんを旅行用の財布に移して、観光中は旅行用財布だけを持ち歩いています。

藤井さん

使い分けているのは防犯対策ですか?

東松さん

それが大きいです。盗難にあう可能性もありますし、万が一なくしても後悔しないものを使っています。

僕は高校生の時に使っていた財布が残っていたので、それを旅行用として使っています(笑)。

ayaさん

すごい!長年使ってるだけあって、年季が入ってますね。

でも、私も今使っている旅行用財布はかなりボロボロです(笑)。というのも以前、海外のタクシーでお金のトラブルに遭遇したことがあったんです。

その時は日本でも愛用していたブランド財布を使っていたので、お金を持っているように見えたのかなーと…。そんな経験があるので、使い分ける派になりました。


  • 【セレクト理由1】防犯対策としての使い分け

▲東松さんの旅行用財布は、なんと高校生時代に使っていたもの!/Photo by 東松 寛文



旅用に使い分けたい人に!サブ財布にオススメなアイテム





【セレクト理由2】万が一の時にもウォレットコードがあれば安心

ayaさん

あと、旅行用財布はリングがついていて、鞄と紐で結びつけられるものを選んでいます。私、財布をうっかりどこかに置き忘れてしまうことがあるので…。

藤井さん

財布をなくすのは、旅行先で出くわしたくないトラブルの最たるものですよね。私が持っている財布でも、ウォレットコードで鞄に接続できるものがあります。

東松さん

鞄にではありませんが、僕もウォレットチェーンでズボンと結びつけられるものを使っています。

鞄を持っていると狙われやすい地域もありますし、そういう場所でポケットに財布をただ入れておくとスリの危険もありますから。

ただ、デザイン的には微妙なので、本当に危ない地域以外では付けないようにしています(笑)。



ウォレットコードで鞄やズボンと繋げば、さらに防犯性アップ!




【セレクト理由3】国ごとに違うお金事情に合わせて数種類を使い分け

藤井さん

防犯性も意識していますが、私はそれ以上に使いやすさを重視しています。

海外って、地域によって硬貨が多かったり紙幣が多かったり、けっこうばらばらじゃないですか?

ayaさん

たしかに。それに見慣れないお金なので、会計時にはもたついてしまいますよね。

藤井さん

なので私は財布の中身が見やすいことが大きなポイントです。あと、どうしても旅行は荷物が多くなるので、コンパクトかつ大容量なのも大切。そのうえで、国によって財布を数種類使い分けています。

北川さん

具体的にはどんな風に使い分けているんですか?

藤井さん

まず、一番幅広い旅のシーンで使っているのがm+(エムピウ)の「Mille Foglie(ミッレフォーリエ)」。 

片手に収まるコンパクトさながら想像以上の容量があります。それに、財布を開くと中身が一度に見える可視性の高さは使い勝手抜群。

慣れない紙幣やコインを探してもたもたすることがありません。コロンとしたトランクのようなデザインも気に入っています。

ayaさん

たしかに、かわいいデザイン!



  • 【セレクト理由3】国ごとに違うお金事情。合わせて数種類を使い分け

▲一枚革でくるりと巻いたm+(エムピウ)の「Mille Foglie(ミッレフォーリエ)」/Photo by 藤井 麻未



藤井さん

アメリカや韓国などのカード大国、ユーロ紙幣のヨーロッパ圏・モルディブやバハマなどのオールインクルーシブ型のリゾート国では、現金をあまり持たなくて良いので、究極にミニマムな「aburAsus(アブラサス)」の財布が便利です。

薄くて柔らかい皮でできていて、長財布のようにも二つ折りにもできるユニークな形。カードポケットも二つあるので海外では十分ですし、ガバッと開けて探しやすい点もクリア。

大きな被せがついていて相手側からは手元が見えないので、防犯対策もOKなんです。

北川さん

「aburAsus」は人気ですよね。僕も財布を探すときチェックしていました。



  • 【セレクト理由3】国ごとに違うお金事情。合わせて数種類を使い分け

  • 【セレクト理由3】国ごとに違うお金事情。合わせて数種類を使い分け

▲長財布にも、二つ折りにも変身する「aburAsus(アブラサス)」の財布 /Photo by 藤井 麻未



藤井さん

最後が、「StitchandSew(スティッチアンドソー)」のがま口ウォレット。ベトナム・ハンガリーなど持ち歩く紙幣の枚数が多い国で重宝します。

長財布だけどファスナーよりもがばっと開くうえ、大きめなのに薄いから、かさばらない。

これをメイン財布として鞄の奥深くに入れたりセキュリティーに預けておき、必要な分を「aburAsus」に移して持ち歩く、という合わせ技を使うこともありますよ。



  • 【セレクト理由3】国ごとに違うお金事情。合わせて数種類を使い分け

▲「StitchandSew(スティッチアンドソー)」のがま口ウォレット。がま口の中にさらにがま口があり、カードなどがいれられる/Photo by 藤井 麻未



次の旅行先はどこ?国に合わせて財布も変えてみよう





【セレクト理由4】小さくても優秀な財布で、日常も出張中も使い倒す!

  • 【セレクト理由4】小さくても優秀な財布で、日常も出張中も使い倒す!

▲日常使いにも便利で、使い込むほど味が出るL字型ファスナーウォレット/Photo by 北川 勇介



北川さん

僕は今回唯一の使い分けない派ですね。使っているのはこのL字型ファスナーのレザーウォレットです。

実は僕も、最初は使い分けていたんですよ。だけどこの財布の使い勝手が良いこともあって、今ではこれだけで常に過ごすようになりました。

藤井さん

それだけ使いやすいんですね。どんなところがポイントなのでしょうか?

北川さん

仕事柄、数カ国を行き来するので、いろんな国のお金を扱うんです。なので複数の国のお金が管理できることがポイントでしたね。

この財布は中央にコインが収納できるポケットがあって、その両側にカードやお札を収納できます。さらに他にもポケットがあるので、そこにも小さな貴重品や分けておきたいお金を入れられます。

東松さん

小さいのに、たくさん収納があるんですね!

北川さん

そうそう、コンパクトだからポケットに入れてふらっと出かけられるし、日常使いでも便利なんですよ。

藤井さん

革だから使い込むほどに味が出てきそうなのもいいですね。

北川さん

もともとは鮮やかな赤だったのですが、毎日使い続けるうちにすっかり渋い色になりました。だんだん変化するのも革製品の魅力ですよね。

この財布はタイのバンコクのお店でたまたま見つけたもので、ブランド名などは不明なのですが、イタリアブランド「IL BISONTE(イルビゾンテ)」のL字型ファスナーウォレットがこれに近いものです。気になった方はぜひチェックしてみてください。



コンパクトで普段使いにもおすすめなL字ファスナー財布



いかがでしたか?今回の“こだわり旅アイテム”では

防犯対策として、海外では使い分ける
ウォレットチェーン・コード付きだとより安心
国ごとに違うお金事情に合わせて、財布も入れ替える
使い勝手抜群の財布で、日常も旅行・出張も一つにまとめる!

といったこだわりが挙がりました。
ぜひ、参考にしてみてくださいね!




※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もございます。
※当記事は個人の見解によるものです。当社が商品を推奨するものではありません。




オススメショップ

▼旅にぴったりな財布が見つかるショップはこちら!




合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE