ANA STORE

menu

ANA EC

HOME >年末太りをリセット!飛行機内でもできる“プチエクササイズ”のススメ

年末太りをリセット!飛行機内でもできる“プチエクササイズ”のススメ

年末太りをリセット!飛行機内でもできる“プチエクササイズ”のススメ

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2018/12/3 UPDATE

忘年会、クリスマス、お正月……ついつい食べ過ぎてしまうイベントが続く年末年始。それでも忙しくて運動する時間がとれず、いつの間にか体が重くなっていく……。そんな年末太りに悩まされた経験がある人は多いでしょう。

今年は年末太りを回避したい!そんなあなたに、脂肪を貯めこまないための痩せ体質エクササイズを紹介。待合室や飛行機の中など、移動中にもできるお手軽なものなので、帰省や旅行の移動時間を使ってぜひ試してみてください。


座りながらの数分間で「痩せ体質」を手に入れる!?

  • 座りながらの数分間で「痩せ体質」を手に入れる!?



ダイエットの大原則は、「消費カロリー>摂取カロリー」になること。消費カロリーが摂取カロリーを上回れば、体は脂肪や筋肉を分解して差分のエネルギーを作り出します。その結果、体が痩せていくのです。

つまり、食べる量を減らして動く量を増やすことが、ダイエットの王道パターンです。でも、これからの時期は摂取カロリーが特に増えるのに、忙しくて運動ができないことも多いですよね。そうしてつい「太ってしまうのは仕方ない」と諦めモードになってしまいます。

でも実は、数分間の簡単な運動を効果的に取り入れるだけでも、日々の消費カロリーを増やし、「痩せ体質」に近づくことができます。

オフィスや自宅、飛行機などの移動中にサクッと「痩せ体質」を作れるなら、取り入れない手はないですよね。



基礎代謝を増やすことが、「痩せ体質」への近道



具体的な方法を紹介する前に、どうして数分の運動で痩せ体質を作ることができるのかを学びましょう。

人の一日の消費カロリーの内訳は、下記のようになっています。


  • 基礎代謝
    70

    何もしなくても、“体温の維持や呼吸”で消費されるカロリー。
  • 活動代謝
    20

    “歩く、階段をのぼる”などの日常動作で消費されるカロリー。
  • 食事による熱代謝
    10

    “熱いものを食べて汗をかく”などで消費されるカロリー。


こうして見てみると、何もしていない時に消費されるカロリー(基礎代謝)が消費カロリーの多くを占めていることがわかります。つまり、この基礎代謝量を増やすことが、痩せやすくなる近道なんです。


では、基礎代謝量を増やすにはどうすればいいのでしょう?

その方法は2つです。

1.筋肉量を増やす。

2.普段使われない筋肉を目覚めさせる。

1の「筋肉量を増やす」は、一回あたりの負荷も大きく、長期間かけて行う必要があります。すぐに成果が出るわけではないため、忙しい時期に始めるのには不向きです。

一方、2の「普段使われない筋肉を目覚めさせる」は、数分でできて、即効性も高いのです。



  • 基礎代謝を増やすことが、「痩せ体質」への近道


「普段使われない筋肉」とは、インナーマッスルと呼ばれる深層の筋肉のこと。

このインナーマッスルは、「姿勢を正す」「背筋を伸ばす」などの働きを担っており、使わずにいると年齢とともに減っていくと言われています。

インナーマッスルが少なくなると、姿勢が悪くなったり、太りやすくなったりといった良くないことが起こります。逆にいえば、この眠っているインナーマッスルを鍛えて目覚めさせることで、痩せやすくなる、姿勢が良くなる、血流が良くなり肩や腰のコリが改善されるなどの効果が得られるんです。

インナーマッスルを目覚めさせて基礎代謝を増やすことで、食べても太りにくい体が作れます。



インナーマッスルが多い、“体幹”を鍛えるエクササイズ2選


使われない筋肉が集まるのは、体幹周り。体幹部分には全身の筋肉の約60パーセントが集まっているので、少し動かすだけでも基礎代謝がしっかり上がっていきます。

ここでは、二つのエクササイズを紹介します。ぜひ、日常の隙間時間に取り入れてみてください。


  • checklistスキマ時間にできる!エクササイズ その1


上体を前傾にし、肘をピーンと伸ばす体勢は、姿勢を伸ばす筋肉である肩甲骨内側、下側、脚の付け根を同時に刺激できます。

こういった方にオススメ:

肩凝り、猫背の改善、お腹が気になってきた方。

  • 1.座った姿勢で上体を前傾します。

  • 2.体の後ろで手のひらを組みます。

  • 3.
    腕が体から離れないようにしながら、ピーンと伸ばします。
    この体勢を6秒キープし、10回を目安に行いましょう。




  • checklist脇周りを効果的に刺激!エクササイズ その2


肘を掴んでバンザイしながら、上体を左右へ倒すポーズ。このエクササイズでも、姿勢筋となる肋骨周り、脇周りを効果的に刺激できます。

こういった方にオススメ:

腰回りに脂肪がついてきた、二の腕を細くしたい方。

  • 1.両肘を掴み合いバンザイします。

  • 2.
    この状態から、上体を左右に倒します。
    片側3秒間をキープし、交互に10往復繰り返しましょう。



簡単な運動で、効率的に痩せていくことができるので、忙しい人にこそ取り入れてほしいエクササイズです。

ぜひ、今年は年末太り回避に挑戦してみてくださいね!





  • profile

株式会社Body Make Japan代表取締役/ボディメイクスタジオcharmbody代表
佐久間 健一さん


profile

  • ・2017.18 ミスインターナショナル世界大会公式トレーナー
  • ・2016 ミスユニバース日本代表公式コーチ
  • ・モデルが秘密にしたがる「体幹リセットダイエット」(サンマーク出版)120万部ミリオンセラー


現在ニューヨーク、LAビバリーヒルズ、パリ、表参道、銀座、名古屋、大阪、シンガポール、上海に女性専用のパーソナルジムCharmbodyを運営。

HP「【公式】佐久間 健一 モデル体型ボディメイク・ダイエット」「ボディメイクスタジオcharmbody」Facebook



※機内でエクササイズをされる際には、他のお客様のご迷惑にならないようご注意ください。
※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もある旨、予めご了承ください。



「ANA編集部」おすすめグッズ





オススメショップ

▼エクササイズグッズやサプリメント購入でマイルを貯めよう!


合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE