ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > ネクタイ、きちんと締めていますか?正しいシャツとの組み合わせも伝授!

【ジェントルマンのつくり方 vol.1】ネクタイ、きちんと締めていますか?正しいシャツとの組み合わせも伝授!

【ジェントルマンのつくり方 vol.1】
ネクタイ、きちんと締めていますか?正しいシャツとの組み合わせも伝授!

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2018/3/19 UPDATE

ビジネスマンの必須アイテムともいえるネクタイ。スーツのワンポイントとして、色柄にこだわりを持って選んでいる人も多いと思います。

せっかくこだわりのネクタイを持っているなら、締め方も意識してみませんか?締め方が綺麗じゃないと、お気に入りのネクタイも台無し。さらにTPOに合わせて締め方を使い分けられると、ビジネスマンとしてもランクアップできます。

ここでは、いろんなネクタイの締め方に加えて、バイヤー直伝のシャツ・ジャケットとの組み合わせ方も解説します。

ポイントはシャツの襟幅とネクタイの幅のバランス、そして必ずディンプル(結び目の下のくぼみ)をつけること!
鏡の前で練習しながら、一緒にデキるビジネスマンを目指しましょう!
※葬祭の場ではディンプルは作りません。ご注意ください。


「セミウインザーノット」と、結び方の基本をおさらい

  • 「セミウインザーノット」と、結び方の基本をおさらい

バイヤーからのワンポイントアドバイス

ネクタイとシャツ・ジャケットを合わせる時、皆さんは何を意識していますか?色や柄も大切ですが、組み合わせで大切なのは「襟の大きさ」!

襟幅が狭いシャツ、ラペル(ジャケットの襟部分)ならネクタイの幅も狭く、逆に襟幅の広いシャツ、ラペルにはネクタイも広くするのがバランスよく見せるポイントです。これは新しくシャツやネクタイを購入する際にも意識すると、組み合わせが楽になりますよ。

セミウインザーノットは、襟幅がごく一般的なレギュラーシャツと合わせやすいです。洗練された雰囲気を感じさせる締め方なので、大事な会議がある日にはぜひセミウインザーノットで臨んでみてください。



まずは基本のポイントとともに、「セミウインザーノット」を紹介します。セミウインザーノットはスマートな雰囲気を演出する、ビジネスシーンにおすすめの締め方です。



STEP1.自分のベストバランスを把握する
  • 【ジェントルマンのつくり方 vol.1】ネクタイ、きちんと締めていますか?正しいシャツとの組み合わせも伝授!
  • いきなり締める前に、まずは手元にあるネクタイを確認してみましょう。裏側に2か所のつなぎ目があると思います。このつなぎ目の部分を持って首にかけるのが、バランスよく締めるコツ。体型や巻き方によっても異なるので、何度か試しながらベストバランスを把握しましょう。
STEP2.大剣を左手にとってクロスさせ、1回通す STEP3.結び目に巻きつける STEP4.ディンプルを作る
  • ディンプルとは、ネクタイの結び目の下にくぼみを作ること。素材に陰影が生まれ光沢感が増し、より洗練された印象になるので、締め上げる前に指先で必ずディンプルを作るようにしましょう!

STEP5.きゅっと締め上げる
  • ネクタイは結ぶでも巻くのでもなく「締める」もの。大剣をしっかりと引いて締め上げながら、結び目の下を抑えることを意識してください。
STEP6.立体感の演出には小剣の締め方がポイント!
  • 小剣を寝かせずに大剣に対して垂直になるように締めるとネクタイが首に対して直角に締まり、立体的に立ち上がります。

セミウインザーノットに合う! ネクタイやシャツ、ジャケットはこちら




一般的だからこそマスターしたい「プレーンノット」

  • 一般的だからこそマスターしたい「プレーンノット」

バイヤーからのワンポイントアドバイス

プレーンノットは結び目が小さいので、襟幅の狭いシャツ、ジャケットと組み合わせるとシャープな印象に仕上がります。

また、プレーンノットは手順が簡単ですぐ締められますが、ネクタイが歪みやすいのが難点。出かける前や会議の前などは、鏡でチェックすることをおすすめします。
芯がしっかりした厚めの生地のネクタイの方がきれいに締まります。



続いては、もっとも一般的な締め方であるプレーンノット。手順も簡単で、いつもこの締め方という人もいるかもしれません。あらためて、手順をチェックしてみましょう!



STEP1.大剣を長く取る STEP2.ぐるっと小剣に一巻き STEP3.ディンプルを作りながらかたちを整える STEP4.きゅっと締め上げたら完成!

普段使いにオススメの遊び心あるネクタイ&楽チンシャツ・ジャケット




式典などの場でも使える「ウインザーノット」

  • 式典などの場でも使える「ウインザーノット」

バイヤーからのワンポイントアドバイス

ウインザーノットは巻きつける回数が多いので、長めのネクタイもしくは扱いやすい生地素材のネクタイを使うと締めやすいです。また、プレーンノットとは対照的に、結び目が大きいのも特徴。そのためワイドカラーのシャツに合わせると、よりバランスよく見せることができます。



最後はもっとも古典的な締め方、ウインザーノット。ビジネスシーンはもちろん、きちんとした式典などにも適した締め方です。結び目が綺麗な正三角形になるように練習してみましょう!


STEP1.大剣を長めに右手に持って一巻き STEP2.さらにもう一巻きして土台を作る STEP3.土台に合わせて巻きつける STEP4.かたちを整えて締め上げたら完成!

パーティーシーンなど、びしっと決めたい場面にぴったりのアイテム



おしゃれの幅を広げるだけでなく、TPOに合わせたマナーとしても使えるネクタイの締め方。自分が持っているシャツやジャケットとの組み合わせを意識しながら、デキるビジネスマンを目指してみてくださいね!


  • 式典などの場でも使える「ウインザーノット」


※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もある旨、予めご了承ください。


▼ジェントルマンを目指すならこちらの記事も必読!

  • 3WAYバッグ×世代別ポイントで、周りに差がつくカバン選び
    3WAYバッグ×世代別ポイントで、周りに差がつくカバン選び

  • ちゃんと気にしてる?旅の着こなしはカバンで決まる!
    ちゃんと気にしてる?旅の着こなしはカバンで決まる!

  • 保存版!ヨーロッパでのスマートな振る舞いに必須のマナー5点
    保存版!ヨーロッパでのスマートな振る舞いに必須のマナー5点


オススメショップ

▼ネクタイやジャケットを買うならこちらのショップもオススメ



合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE