ANA STORE

menu

ANA EC

HOME > 「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査

「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査Vol.8

「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査
【Vol.8:雨具編】

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

2018/6/25 UPDATE

世界中どこに行っても、なかなか逃れられないのが「雨」。せっかくの旅行や気合を入れた出張でも、天気が悪いと憂鬱になってしまいますよね。地域差こそあるものの、こればかりは文字通り天に願うしかありません。

だからこそ、旅のアイテムでしっかり準備したいのが雨具。たとえ天気に恵まれなかったとしても、ばっちり対策していれば晴れている時と同じくらい快適に過ごせるはずです。

今回は4人の旅好きに、自分の雨具へのこだわりを語ってもらいました。雨具と一口に言っても折り畳み傘なのか、レインウェアなのか、その種類は様々。どんな場所に出かけるのかが、雨具選びのポイントになりそうです。



今回の旅好きメンバー


  • 北川勇介さん
  • 北川勇介さん

    垣根のない生き方働きかたを目指す「BORDERLESS」代表。カンボジア人・観光客・在住者をつなぐコミュニティ「BASECAMP SIEMREAP」共同代表。元体育教師。リュック二個で生活しながら、小学校を建設したカンボジアを拠点に活動中。
    Blog「ローカルに暮らしソーシャルに生きる」
  • サクさん
  • サクさん

    タイ・バンコク在住の主婦。バンコクの生活情報とその周辺の旅情報を発信するブログ「サクのバンコク生活日記」を運営している。
    Blog「サクのバンコク生活日記」

  • 月山ももさん
  • 月山ももさん

    登山と温泉を絡めた一人旅が好き。ブログ「山と温泉のきろく」では、温泉宿への宿泊記、日帰り入浴記、旅の食事や登山の記録を更新しています。
    Blog「山と温泉のきろく」
  • よねすけさん
  • よねすけさん

    専業ブロガー。自転車日本一周で旅に目覚め、1年のうち半分は国内・海外旅行へ出かけている。旅行・アウトドア情報を中心に発信する「Nature Drive」を運営。
    Blog「Nature Drive」






【セレクト理由1】折り畳み傘は広げたサイズが小さい方が○


よねすけさん

僕はレインウェアはほとんど使うことがないんです。衣類はかさばりやすく、荷物を圧迫してしまうので。雨対策には折り畳み傘とカバン用のレインカバーを使っていますね。

北川さん

雨具って、どんな場所を旅するのかによって選ぶものが変わってきますよね。普段はどんな傘を使っているんですか?

よねすけさん

mont-bellの「U.Lトレッキングアンブレラ」を使っています。重量128gと軽量ながら耐久性にも優れているので、よほどの雨に降られない限りは十分雨を防いでくれます。都市部を旅する時は豪雨なら屋内に逃げ込めますし、何度も屋内と外を出入りするような場合、傘ならさっと取り出せます。レインウェアだと、そのたびに脱ぎ着したり、カバンにしまったりするのが億劫で(笑)。


  • 折り畳み傘は広げたサイズが小さい方が○

▲よねすけさん愛用のmont-bell「U.L トレッキングアンブレラ」。超軽量で、ポケットにも入れられるコンパクトサイズ
Photo by よねすけ



月山さん

たしかに、折り畳み傘の方がレインウェアより手軽ですよね。私は登山と温泉が好きなのですが、レインウェアの他に折り畳み傘も持っていきますよ。山だと断続的に雨が降ることも多くて、その度にレインウェアを着るのも面倒ですし、テント泊でちょっとトイレに行く時などには傘のほうが手軽なんです。

よねすけさん

レインウェアに比べると雨を防ぐ能力は低いですけど、その分使いやすいのが折り畳み傘だと思います。あと、都市部の旅行なら傘を広げた時のサイズが小さい方が便利!混雑した観光地だと、サイズが大きい傘は邪魔になってしまうこともありますから。

サクさん

なるほど。大きい方が雨を防げるけど、たしかに小回りが効いた方が便利な場面もありますね。



使いやすい!街歩きに便利な軽量&小型の折り畳み傘





【セレクト理由2】折り畳み傘は晴雨兼用タイプを選ぶ

サクさん

私はバンコクを拠点にタイ国内や東南アジア諸国へよく行くのですが、日差しが強い地域なので、日傘としても使えるものを選んでいます。

よねすけさん

東南アジアの日差しは厳しいですもんね。

月山さん

私が今使っているtotes「Tiny Umbrella」も、UVカット機能がついた日傘として使えるタイプ。下山後の町歩きでは、晴れでも雨でもこの傘が活躍しています。

サクさん

日差しを遮るだけでも暑さがずいぶんやわらぐんですよね。ちなみに、バンコクで売っている折り畳み傘は重くて大きいものが多いので、愛用しているのは日本で買ったもの。日本の傘のほうがコンパクトで軽量ですし、色柄も落ち着いていて私好みです。

月山さん

荷物はなるべく減らしたいし、軽さや小ささは大切ですよね。それでいてしっかりしている折り畳み傘は、やっぱり持っていると重宝しそう。



  • 【セレクト理由2】折り畳み傘は晴雨兼用タイプを選ぶ

▲月山ももさんが使っているtotes「Tiny Umbrella」。大きめのスマホと同程度のコンパクトさで、UVカット機能付きの優秀アイテム
Photo by 月山もも



晴雨兼用タイプなら、どんな天候でもこれ一本で安心!




【セレクト理由3】しっかりガードするならレインウェア

北川さん

でも、東南アジアだとスコールの際には折り畳み傘ではどうしようもないですよね。

サクさん

そうなんです。そういう時は観光は一旦諦めて、近くのカフェやマッサージ店に駆け込んでやりすごします。スコールはだいたい1時間くらいで過ぎ去るので、良い休憩になったと割り切るようにしています(笑)。ただ、フライトの時間が迫っているなどどうしても急がないといけないこともあるので、そういう場合はコンビニで使い捨ての雨合羽を買うこともありますね。

月山さん

しっかりガードしようとすると、傘では限界があるのかもしれませんよね。私も登山の時はやっぱり傘ではなくてレインウェアと、リュック用のレインカバー。レインウェアは街より過酷な条件に耐えられる必要があるので、「ゴアテックス3レイヤー素材」のしっかりとしたものを使用しています。具体的には、THE NORTH FACEの「クライムライトジャケット」を愛用しています。



  • 【セレクト理由3】しっかりガードするならレインウェア

▲THE NORTH FACEの「クライムライトジャケット」。しっかりと雨をガードしたい場合や、登山など傘を使いにくいシーンではこうしたレインウェアのほうが快適に過ごせる
Photo by 月山もも



シーンに合わせて選びたい、レインウェアはこちら!

足元のガードも大切



【セレクト理由4】持ち運びに便利な「パッカブルタイプ」

北川さん

僕も傘ではなくてレインウェア派。普段はポンチョとバックパック用のレインカバーを使っていて、傘は持ち歩きません。強風で壊れる可能性もあるし、とっさの時に両手が空いていた方が身を守りやすいので。

よねすけさん

レインウェアって、かさばったり着脱が面倒だったりしませんか?

北川さん

そんなことないですよ!僕はColumbiaのポンチョを使っていますが、パッカブルタイプなのでコンパクトに収納できるし、素材が軽いので持ち運びは苦になりません。それに、ポンチョならリュックを背負った上からさっと羽織ることもできますから。突然の雨でも、傘と同じくらい素早く対応できますよ。



畳んでコンパクト!持ち運びに便利なパッカブルジャケット





【セレクト理由5】荷物の雨対策もしっかりと!

サクさん

みなさん使っている雨具はそれぞれでしたけど、荷物にはレインカバーを使っているんですね。

北川さん

パソコンやカメラなどの電子機器を入れているので、万が一故障することがないように使っていますね。レインカバーをつけて、さらにその上にポンチョを着るという二重の雨対策で行動することも多いです。

よねすけさん

僕は普段使っているのが傘なので、やっぱり豪雨には対応しきれないこともあります。そんな時、レインカバーで荷物だけでも守れると安心ですよね。

月山さん

私は登山中の安全を意識して選んでいます。というのも、レインウェアが町歩きでも使いやすいようにネイビーのシンプルなデザインのものなんですね。でも、遭難防止など登山中の安全を考慮すると、視認性の高い色を身につけたほうがいい。だからリュック用のレインカバーは赤などの目立つ色にすることで、視認性を良くして山道での安全にも気をつけていますね。

サクさん

それぞれの理由があって面白いですね!

北川さん

体や衣服は濡れても乾くのに対して、荷物は一度濡れたら取り返しがつかないこともある。そうなったらせっかくの旅行も台無しですし、案外荷物の雨対策にこそ力を入れるべきかもしれませんね。



  • 【セレクト理由5】荷物の雨対策もしっかりと!01
  • 【セレクト理由5】荷物の雨対策もしっかりと!02

▲北川さんのレインカバーはバックパックと合わせたGREGORYのもの。「自然を相手にするものなので、信頼できるアウトドアブランドのアイテムを選んでいる」という
Photo by 北川勇介




カバンの雨対策は大丈夫?レインカバーいろいろ




いかがでしたか?今回の“こだわり旅アイテム”では

都心部で使うなら、サイズの小さい折り畳み傘が動きやすい
東南アジアでは晴雨兼用がベター
雨の激しい地域や、しっかりガードするならレインウェアが○
かさばらないのはパッカブルタイプ
荷物の雨対策に、レインカバーがあるとばっちり

といったこだわりが挙がりました。
どんな地域に、どんな目的で行くかによっても変わってくるので、旅の予定に合わせて選んでみてくださいね!




※この記事は更新日時点の情報を元に作成されています。変更となる可能性もありますので予めご了承ください。
※掲載商品の売り切れなど、ご希望に添えない場合もございます。
※当記事は個人の見解によるものです。当社が商品を推奨するものではありません。




▼雨対策にはこちらの記事もおすすめ!

オススメショップ

▼面倒な旅の準備を楽しくさせるアイテムが見つかるショップはこちら!




合わせて読みたい

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE