ようこそ、ゲスト 様

----年--月--日 ----現在

革素材へのリスペクトをデザイン化したオンリーワン・バッグ
- BIO HOTEL × 栃木レザー × yes CRAFT × ANAコラボ仕様 -

大好評の商品に第2弾 ANAコラボ商品追加!
スクエア・パーツのコンセプトはそのままに、前回の「漉き継ぎ(すきつぎ)」技法から、
今回はパーツを縫い合わせることで、
より奥行きのあるレザーバッグが誕生しました。
レザー・内張りともクールなネイビーで仕上げています。

2016.11

柔らかな肌触りと、シーンに合わせて表情を変えるシンプルで個性的なデザイン。使うほどに味わい深まるこの天然皮革の2WAYクラッチバックは、新しい旅や暮らしのスタイルを提唱するBIO HOTEL JAPANがプロデュースした、世界にたった一つのオーダーメイドのプロダクトです。今回は世界にもファンを持つこの栃木レザー製品に注目し、ご紹介いたします。

yes CRAFTによる漉き継ぎづくり

「スクエア」に隠された美学

先ず目を引くのが、オリジナルのスクエアパーツのデザインです。その特徴は、皮革の表面に柔らかさと豊かな表情をもたらすこと。陽のあたり方や角度によって色彩や光沢が微妙に変化し、使うごとに新鮮な味わいが感じられます。
デザイン性に優れるばかりではなく、スクエアには「端切れや無駄をつくらない」という、素材への想いが込められています。小さく丁寧に裁断されることで、革それぞれのパーツの個性が取りこぼされることなく、すべて商品に生かされるのです。
そして、このバッグでは、小さなスクエアを、「漉き継ぎ(すきつぎ)」という伝統技法でつなげます。yes CRAFTがこのスクエアのデザインを世に送り出すことによって、職人たちに、新たな活躍の場が与えられました。

世界に支持される栃木レザーの天然素材

素材として使われているのは、世界にファンを持つ栃木レザーの天然皮革です。多くの人たちに支持される高品質の秘密は、天然植物由来のタンニン槽でじっくり時間をかけて行う「鞣(なめ)し」にありました。鞣しとは、動物の皮を樹液や化学薬品に漬け込んで、「皮」から「革」へと変化させるプロセスのこと。天然のタンニンだけで鞣された栃木レザーの革は、エイジングを重ねるにつれ、より一層味わいを深めることが特徴です。さらに天然素材だけを使う製法は、作り手の健康や地球環境にもやさしいことでも知られています。

栃木レザー社の工場

BIO HOTELのプロデュースする、新しい旅のスタイル

今回の2WAYクラッチバッグは、BIO(オーガニック)な旅や暮らしを提唱するBIO HOTELS JAPANによってプロデュースされました。栃木レザーとyes CRAFTのコラボレーションにさらに磨きをかけ、利用シーンを意識した、洗練されたデザインをセレクト。内張には、伝統の「壱等雲斎(いっとううんさい)」織りの生地を選び、同じ素材でつくったストラップの収納ケースをつけました。オン・オフ両方で使うことをイメージし、内ファスナー・シルバー金具の、品の良いデザインに仕上げています。ショルダーをつけ外し2WAYで使えて、A4サイズの書類が入る大きさがあることも、多様なビジネス・シーンを意識したデザインと言えるでしょう。
今回のこのコーナーでは、ブラックの1色を、ANAコラボ仕様のネイビーの内張でご用意しました。また、新たに取り外し可能のショルダー収納用マルチケースやキーリングもセットでご提供します。伝統と革新性を兼ね備えた、使うほどに美しい新コンセプトのバッグ。皆さまの旅のお供に選んでみませんか?

ANA特別仕様(イメージ)

新作コラボ・バッグはiPadケースとしても使える万能サイズ

第2弾のコラボ・バッグは、前回の「漉き継ぎ(すきつぎ)」技法から、スクエア・パーツを縫い合わせることで、より奥行きのあるレザーバッグが誕生しました。
レザー・内張りともクールなネイビーで仕上げています。
世界から支持される栃木レザーのクォリティを、この機会にぜひ手に入れてみては?

特別仕様:
・ANAネイビーカラー・レザー、ANAネイビー壱当雲斎生地内張り
・iPadの出し入れがしやすいL字ファスナー(iPadケースとしても使用可)
・サイズ:W280mm×H210mm

世界が一丸となって森を守れば、 地球の未来も守れる。 more trees代表 坂本龍一氏

世界が一丸となって森を守れば、 地球の未来も守れる。 more trees代表 坂本龍一氏

クリエイティブな視点で、有限な世界を次の世代に引き継ぐ

プロダクト開発の原点は幼少時代の水質汚染問題 デザインを兼ね備えた実用バッグ

クリエイティブな視点で、有限な世界を次の世代に引き継ぐ

野沢温泉村を好きになってもらうために —— 遊びを地域創生につなげる

野沢温泉村を好きになってもらうために —— 遊びを地域創生につなげる

サスティナブルな森から生まれた 都市と森とをつなぐ架け橋