ANA STORE STORY'S

脳ドックの広がりが人生と社会を変える

2019.10

「健康で病気にならない」につながる仕組み

「いつまでも健康に」。それは誰しもが抱く希望でしょう。そのためには生活習慣の見直しと同時に、自分の健康状態や病気のリスクを知っておくことも重要です。
たとえば、がん、心臓疾患と共に、日本人の三大死因の一つとなっている脳血管疾患。働く現代人にとっては寝たきりや治療の長期化といったリスクがあるだけでなく、それにともない経済的負担が大きくなるケースもある病気として知られています。しかも、脳血管疾患の死因は年々増加傾向にあるのです。
そうしたリスクを回避し、脳血管疾患を予防するために有効な手だての一つが、脳内の血管の状態を撮影し映像化する「脳ドック」です。

誰でも手軽に受けられる脳ドックの登場

脳ドックは、健康維持のためには有効な手段の一つ。わかってはいても、これまで脳ドック診断には、費用や時間的制限などの理由から、敷居が高い現状がありました。専用の機器と医師やスタッフがそろっている医療機関でしか受診できず、つまり少なくとも脳疾患を疑うような症状がない限り、保険適用診療としては受けられなかったこと。人間ドックなど、予防の観点から受けるためには、高額な負担が避けられなかったこと。検査そのものも時間がかかる場合も。また検査結果を知るためには、医療機関を再訪する必要もありました。そのため、素晴らしい仕組みでありながら、誰もが受けられるとは言い難い現実があったのです。
そうした課題を解決する脳ドック診断として注目されているのが画像診断クリニック・メディカルチェックスタジオの「スマート脳ドック」です。その最大の特長は、何といっても手軽、かつ、リーズナブルであること。受付から精算まで、検査を含めて30分程ですべてが済む、と聞いたら、驚く方も多いのではないでしょうか。事前にWEBで健康状態を登録してから受診するため、スタジオでの問診はありません。また撮影した画像データは、一週間程度で、インターネットを経由し入手することが可能なため、スマートフォンでいつでも確認することができるのです。そうしたサービスのすべてが、17,500円(税抜)で受けられる点も大きな魅力です。

医療業界の常識を打ち破る自由な発想

きっかけは、運転手の脳血管疾患が原因で起き、多くの死傷者を数えるに至った不幸なバス事故でした。当時も、当然のことながらバスやタクシーの運転手の健康は、健康診断などによりきちんと管理はされてきましたが、先述のような現状から、脳疾患のリスクを知るための検査までを実施するのは難しい現実がありました。すべての人が平等に受けられる脳ドックの必要性と重要性から、スマート脳ドックが開発されたのです。
実現のためには、価格の低減だけでなく、多忙な人にとっても現実的な、受診時間の短縮も必須と考えられました。そのため、徹底的に無駄を排除し効率性を追求すると同時に、インターネットとAIを活用した診断の仕組みを導入。医療業界の常識を打ち破る大胆なアイディアで推し進められた取り組みは、実際に大幅な受診時間の短縮を実現しました。それだけでなく、リモート診断できるそのシステムは、地方の放射線科医などの雇用創出にも貢献しているのです。
スタートから約2年、これまでの受診者は2万5千人を超えました。その内8割が新規の受診者なのですから、これまで受診できなかった人も脳ドックを受けられるようになったことが、理由としてあげられます。また実際に、スマート脳ドックの受診によって疾患が発見されたことを契機に、健康な身体を取り戻した方もいらっしゃると聞けば、なおさらその意義の大きさを感じていただけることでしょう。
「すべての人の健康と未病を願う」という同社の精神は、個人個人の健康な生活を支えるだけでなく、結果として医療費増大という社会課題の解決にもつながりそうです。社会的にも大きな意義をもつ取り組みではないでしょうか。

スマートな健康管理で家族も幸せに

今では1年に1度、脳ドックを実施するリピーターや、社員の健康診断に導入する企業も増えており、予想を超える反響に、社会からの希求度を実感していると、創業者は話します。時間を有効に使えると評価されている短時間の受診、そしてスマートな健康管理の方法は、たとえば社会で活躍するビジネスパーソンなど、多忙を極める人々の受診にもつながっています。それは受診者のみならず、受診者を取り巻く家族や友人などの人々にとっても魅力あるサービスに違いありません。「誰もが健康で病気にならない世界」。スマート脳ドックの目標は、人々の幸せを育みながら、個人から個人へ、そして社会へと、今、着実に広がっています。

「幸せは自分でつくるもの。しかし健康な身体がなければつくることはできません。
ご自身の幸せのために、そして大切な方の幸せのためにも、ぜひご活用ください」

スマートスキャン株式会社・代表取締役 濱野斗百礼

この記事で紹介されたサービス

あなたの脳卒中リスクご存知ですか?
1年半で20,000人以上が受診した
「スマート脳ドック」はコチラから!

01

美味しいだけじゃない!食で社会貢献。美食家も納得の国産ブランド豚

02

未来の社会を創造する建築家 窪田茂氏のこだわり出張収納法 前編

03

飛行機などのパーツをものづくりで再生!進化したプロダクツ

04

未来の社会を創造する建築家 窪田茂氏のこだわり出張収納法 後編

05

柴田陽子が語る 「ものづくりに込めた想いを消費者に伝えるために」 —前編—

06サムネイル

06

柴田陽子が語る 「ものづくりに込めた想いを消費者に伝えるために」 —後編—